アントンピックのシャドーボックス

アントンピック氏の作品は、細部まで描かれていて絵として楽しく、色味が抑えられているので家のインテリアとして飾りやすく。
シャドーボックスとして人気の作家さんで、私も大好きです
シャドーボックスを始めた頃は、アントンピックばかり作っていました
その反動もあって(笑)、もう何年もアントンピックの作品を作っていなかったのですが。
今日在庫整理をしていたら、昔昔作った、まだまだ未熟な作品が沢山出てきて
その大半は、アントンピックでした
懐かしく、楽しく作ったことを思い出したのですが。。。
絵はとっても素敵で、作った時の思い入れもあって、捨てられはしないのですが。。。
シャドーボックスとしては下手でした(笑)

何年もアントンピックを作っていないと言いましたが、今日昔の作品を見て、またもう一度作りたくなりました

生徒MUさんの作品です↓
image2 (8)
階段の質感や形の作り方が、とっても上手です
スポンサーサイト

薔薇のシャドーボックス

私はここのところ、来年のシャドーボックス・ラ・マーニ作品展への作品と、その後の第6回シャドーボックス展への出展作品制作で、大きな作品を立て続けに制作中です。
なので、なかなか完成せず、ほかの作品も作っていませんので、こちらのブログに私の作品は久しく載せていません
それでも、ネタ切れしないのは、生徒さん達が沢山作品を作ってくれるから
まだまだメジャーなクラフトとは言えないシャドーボックスが、次々と生み出されているなんて、嬉しいです

さて今日は、生徒MOさんの作品をご紹介します↓
IMG_3045.jpg
パーツ数の少ない簡単なタイプのシャドーボックスです
Oさんも一作品制作し終えて、ホッと一息の息抜き作品 ですかね!?
小さな作品ですが、葉の動きの出し方や花のふっくら感など、しっかりとポイントを押さえて作られています

IMG_3044.jpg
黄色の薔薇に、色味を抑えた少しノスタルジックな台紙、パッと目を引く白の額、とっても素敵です
センスの良さが感じられますね

湖畔の夕焼け

生徒MUさんの作品です↓
IMG_3040.jpg
奥行きの表現方法を理解して、スムーズに仕上げる事が出来ていますね
奥行きを考える時、時々頭が痛くなりそうになりますが(笑) もしくはフリーズしかけますが(笑)
こういった景色の作品において、奥行きの取り方はとても大切で。
奥行きの取り方次第で、陳家にもダイナミックにもなり、作品の出来を大きく左右します。

簡単に言えば、絵を理解して、どこが奥で、どこが手前かを考えれば良いのですが
左右非対称の場合は、もう少し複雑になってきます。
それでも、ペタペタとすぐに貼りだしてしまわないで、どこが低くてどこが高いのか考えてから作業にかかると、だんだんと理解できるようになってきますよ

IMG_3039.jpg

バラのシャドーボックス

バラのシャドーボックスはプレゼントに人気です!

バラはとても人気の高い花ですし、色も形も様々なので、華やかにもシックにも好みに合わせられます
季節に関係なく長く飾っておけるのも魅力ですよね
その点が贈り物に人気なのでしょう

一方、シャドーボックスとしては、バラは難易度の高い作品と言えます。
花びらが多く、前後に巻くように重なっているためです。
自分が今どのパーツを作っているのか、それはどんな形なのか、しっかりと考える事がより大事になってきます

生徒MHさんの作品です↓
こちらも贈り物用の作品だそうで、相手の方を思いつつ作くられていました
IMG_3042.jpg
IMG_3043.jpg

とても綺麗に出来上がりました
贈られた方にも喜んでいただけたのではないでしょうか

なんちゃってガラスのガーベラ

素敵なプリントでしたので、私がテキストを書き、専用の額をつけて、生徒さんへご紹介したものです
ご好評いただき、たくさんの方がこちらと、色違いのプリントを作って下さいました
透明なプラスチックの器に見立てたパーツと、水に見立てるボンドの講座も、お陰様で大好評でした
ありがとうございます
また皆様に、楽しんでいただける趣向を凝らしたプリントを、お届けしていきたいと思います
新しいものの準備は、いろいろ大変で、なかなかすぐにはいきませんが、楽しみにしていて下さい

生徒MOさんの作品です↓
IMG_3037.jpg
3輪のガーベラがありますが、それぞれ゛裏向き゛゛横向き゛゛正面向き゛と向きが違います。
Oさんはいち早くその違いに気が付き、違いを出しながら作られていました
とても素晴らしいです
プリントをよく観察して、作っているものの形をとらえてから制作するのは、シャドーボックスを作る上で、上手に作れる一つのポイントです

アントンピック作品シャドーボックス

生徒MKさんの作品を2点ご紹介します↓

IMG_3036.jpg
縦10.5センチ×横5.5センチ。
とても小さなプリントで、その中に描かれている建物も、船も、人も馬も、とってもとっても小さいです
窓なんて、ゴミくずと間違えてしまいそう~
だけど、手の中におさまる小さな小さな世界は、なんだか特別で愛おしくなります
IMG_3041.jpg
一つ一つのパーツが小さいので、カットも貼るのも大変ですが、Kさんは細かな仕事を丁寧にされます

アントンピックにはまっているKさん
アントンの作品を沢山3Dにしました♪
今はF額サイズのアントン作品に挑戦中です
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR