ピンクのガーベラ

生徒M.Uさんの作品です

薄いプラバンをガラスの器にみたてた透明感のある作品
テキストは私が作ったものですが、少しだけ上手くいっていない箇所があって
花の芯(花の中心の小さな花びらが密集しているところ)なのですが。
もう1パーツで良いので、上に重ねる事が出来たら、もっと美しい花になるのに と思いつつも、もう何処からもパーツを取る事ができなかった経緯があります。
花びらのパーツ数を少なくすれば、花芯のパーツを取る事ができたのですが、やはり花びらを立体的に表現する事を優先しました。

Uさんの花芯は、工夫があって良いですね↓
image2 (10) (373x500)
1枚だけの花芯ですが、裏からボコボコとしたエンボス加工をほどこし、中央を凹まし、とっても立体感があります
1枚1枚のパーツに思いやりが感じられます

そしてUさんが探してこられた額も素敵ですね↓
image1 (17) (500x499)
可愛らしさの強い、ピンクのガーベラが大人な感じに仕上がりました
スポンサーサイト

窓辺

生徒E.Kさんの作品です↓
image3 (500x500)

やんわりとした色使いに、ぼやりとした線。
こちらのプリントに苦戦したKさんでしたが
完成いたしました~

カットも重ねるのも大変苦労しておりましたが。。。出来てみると、短所が長所

ふんわりとした色使いに、穏やかな線。
落着く趣は、お家に飾るにはぴったりですね
そしてシャドーボックスとして、より立体的に生まれ変わった絵が、とっても素敵です

AUTUMN

長野の紅葉は終わり、冬を迎えようとしています。
今年の紅葉は、赤がとっても鮮やかで美しかったですね
今年制作した、こちらのシャドーボックスは、今も綺麗な色をしています
しかし今年はもうしまい、来年また秋が訪れたら飾ろうと思います

湯本千絵の作品です↓
image1 (42) (500x373)

制作過程です
奥に見えるオレンジや黄色の木々です
image1 (33) (500x500)

image2 (8) (500x500)
木々は丸くてとっても可愛い
作っていて楽しかったです

image1 (38) (500x500)
中央までの建物も立体になりました
建物は出来る限り、真っ直ぐに曲線のない形で作ります

image2 (6) (500x500)
葉のない木をカットしているところです↑

image1 (30) (500x500)
カットが出来ました↑

カットした木を貼り、手前に転がる南瓜も沢山貼り、完成です
image1 (40) (500x373)
image1 (41) (500x373)
image2 (12) (500x373)
image2 (13) (500x373)
来年までおやすみなさい

南瓜のリース

秋にピッタリ南瓜のリースを紹介します
生徒M.Hさんの作品です↓
image1 (12) (500x500)
リースには珍しい南瓜ですが、緑や赤の葉と小さな南瓜がとっても可愛いです
実りの秋を連想させて、なんだか豊かな気持ちにさせてくれますね
シャベルの硬い質感を出すのに、こだわった作品ではないでしょうか

image2 (7) (500x500)
マットの切り口の鮮やかな黄色がポイントです

「はじめてのシャドーボックス」

シャドーボックスを始める方のハウツー本が出来ました

「はじめてのシャドーボックス」
著者 湯本千絵
発行 ほおずき書籍
税込み1620円です
image1 (4) (373x500)

作り方は写真付きで、丁寧でわかりやすく
誰でも作れる簡単可愛い、シャドーボックスプリント付録が4種類付き
簡単な材料を揃えれば始められます

PB110174 (375x500)
中はこんな感じです
image2 (1) (355x500)
チューリップと朝顔とリスと雪だるま4種類、4作品が作れます
(※写真では1種類3作品を掲載していますが、本書で制作できるのは1種類1作品です)

たくさんの方のご協力の下、本を完成させることが出来ました
本当にありがとうございます

立体絵シャドーボックスに興味のある方は是非、本屋さんで手にとってみて下さい
ただまだ書店には入っていません
ほおずき書籍さんのお話では、あと1週間後くらいで書店に並ぶそうです
また、長野県限定のため、他県の方や、お近くの書店に本書がなかった場合は、書店で注文してみてください

たくさんの方にシャドーボックスを知ってもらい、作るのを楽しんでもらえたら嬉しいです

※写真は発行元の許可を取って掲載しております

オリジナルの世界を

image1 (4) (500x373)
生徒H.Sさんの作品です↑

中央のカボチャや木の実のシャドーボックスと、手前のマットの上のシャドーボックスとは、作者も絵も別々のものです。
Sさんはそれぞれのプリントを組み合わせて、一つの作品としました
デコパージュのようですね
まあ、デコパージュもシャドーボックスも同じジャンルなのですが。

こちらは、相性がとっても良いですね。
額と、マットと、中央のシャドーボックスのプリントと、マットの上のシャドーボックスのプリントと、見事な一体感です
私はとっても好きな感じです
素敵な世界を作り上げられたと思います

ワインのあるシャドーボックス

只今アップルミュージアムの゛りんごの森 アート&クラフト展゛へ出展している作品です。
生徒M.Uさんの新作です↓
image1 (36) (500x373)
壁の絵を、油絵風に凹凸をつけたのが特徴の作品です
ワインボトルを均一に丸めて、硬さを表現できているのも良いですね

ワインボトルやグラス、テーブルなど、硬いものは、ゆがむことなく、左右均一に表現されていると、とても良いです

image2 (2) (373x500)



私事ですが。。。
お酒はなんでも美味しくいただける私です
夏はビールやチュウハイなど炭酸系のものが主流ですが、
寒くなってきますと、ワインや日本酒などを好んで飲みはじめます
ワインの美味しい季節になってきましたね
チーズやナッツなんかをつまみながら、ここにあるような赤ワインを飲んで。
DVDをみながら、一日の終わりをゆっくりと過ごせたら、最高ですね

2015 りんごの森 アート&クラフト展

いいずなアップルミュージアムで11月1日~29日まで開催されている
「りんごの森 アート&クラフト展」

生徒さんと一緒に参加しています~

出展は私達だけではなく、いろいろなジャンルのアーティストさんが゛秋゛をテーマとした作品を出展しています
私達はもちろん゛秋のシャドーボックス゛で参加しています

「りんごの森アート&クラフト展」今年もとっても素敵な作品ばかりで、スタッフさんの演出の効いた展示が面白かったです♪
是非いらして下さい

アエリーのシャドーボックス工房からの参加作品です(全てではありません)
image1 (42) (500x373)
image2 (11) (500x500)
image1 (36) (500x373)
image1 (12) (500x500)
image1 (4) (500x373)
201472H1(500x500).jpg


※写真より実際に観ていただいたほうが、立体的で段違いに良いですよ~(笑)

りんごの森 アート&クラフト展

「りんごの森 アート&クラフト展」開催中です

たくさんの作家さんが集い、゛秋゛の作品を展示しています。
さまざまなジャンルのバライティ豊かな秋がいっぱいです
アエリーのシャドーボックス工房からも、゛秋゛のシャドーボックスを出展しました
是非観に来て下さいね

期間は11月29日まで
定休日は月曜日です。(祝日の場合は翌日)
場所は「いいづなアップルミュージアム」〒389-1204 長野県上水内郡飯綱町大字倉井5番地


また、私のふるさと、飯綱町では、この期間中(11月1日~11月30日)に
「りんごスウィーツフェア」を開催しています
アップルミュージアムでアートを観て
秋の飯綱町を散策
美味しいりんごスウィーツを食べていってください~

image2 (14) (483x500)
image1 (18) (500x373)
image3 (2) (500x493)

ハロウィンのシャドーボックス

今年のハロウィンも、とっても盛り上がっていましたね(TVの向こう側がですが
私といえば、パンプキンケーキを食べたくらいでしょうか
でも美味しくハロウィンを満喫しました

生徒T.Hさんの作品2点です↓
image1 (13) (500x500)
愛嬌のある猫とカボチャを引き立てるのは、シックで味のある台紙と額ですね

image2 (4) (384x500)
こちらは、魔女にスパンコールで、ポップな感じが良いですね

私もハロウィンのシャドーボックスが欲しくて
毎年作りたいなーと思っているのに、まだ作っていません
来年こそは!
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR