またいつか

生徒M.Tさんの作品です↓
お友達の撮影した写真を使わせていただき、作った作品です。
3羽のカワセミが、可愛らしいですね
image1 (4) (500x373)

Tさんは特別な生徒さんの一人です。
皆さんそれぞれ特別な生徒さんなのですけどね

私が最初にシャドーボックスを教えたのは、今も教室に来てくださっている小学生。
当時保育園に通っていた息子の同級生です。
教室を開く前でした。
教室を開くきっかけを下さったのは、私の叔母でした。
叔母から「自宅でシャドーボックス教室」を開いて欲しいと頼まれました。
最初の生徒さんは、叔母と私の高校時代の友達でした。

今日の作品を作ったTさんは、それから間もなくして、アエリーのシャドーボックス工房の生徒さんとなって下さった方です。
Tさんは、知り合いでない、初めての生徒さんでした

当時教室を開いてまもない私は、教え方も手探り状態で、Tさんにはご迷惑をかける事もあったと思います。
Tさんにシャドーボックスを教えながら、私こそが教えていただいたと思っています。
教室でも、展示会などの搬入においても、その後新しく入って下さった生徒さんへやり方を教えてくださったりと、アエリーのシャドーボックス工房を引っ張ってきてくださいました。
Tさんにはとってもとっても感謝しています

Tさんはお母様の介護のため、この作品完成後、しばらくお休みすると伝えて下さいました。

教室を始めてから、辞めるや休む ともなく急に来なくなってしまわれる方も沢山います。
それが悪いわけではありませんが、私の方は、しばらくたってから気づくので「もうこないのかなぁ?」、「しっかりお別れできなかったなぁ」と心残りがございます。どの生徒さんにも特別な事があり、感謝がありますから、もう会えなくなるのであれば「ありがとう」と言いたいのですよね。
Tさんもそうですが、 辞めるや休む と伝えてくださる生徒さんも沢山いらっしゃいます。
とても寂しいですが、伝えてくださった事と今までに感謝できて、伝えて下さった事にも感謝しています。
頭が下がります。
やっぱりTさんは私の特別な生徒さんだなぁと思いました

今までずっと一緒にやってきた生徒さんがいなくなるのは残念ですが、また教室にこられるようになったら来て下さるそうですので、それを楽しみにしたいと思います。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

バラのシャドーボックス

生徒H.Kさんの作品です↓
プレゼント用に制作しました
image2 (14) (500x500)

初心者のKさんに、バラは少し難易度が高いですが、一生懸命作っていらしゃいました。

贈り物には花が人気です
その花のなかでもバラがダントツに人気がありますから、やはり少し難しくとも喜んでいただけるものを作りたいですよね
image1 (17) (500x500)

こちらのバラは、もうプレゼントされたそうです
贈られた方は、シャドーボックスに驚いて、そしてとっても喜んでくださったそうです
良かったですね

紫陽花のシャドーボックス

少し季節はずれてしまいましたが、作品が完成したのでご紹介します
生徒H.Sさんの作品です↓
image2 (8) (500x500)

涼しげな感じが良いですね。
来年の初夏にお会いしましょう♪
楽しみです

レジンで秋のヘアゴム

私の髪も肩より長くなりヘアゴムが欲しくなりましたので、作ってみました
秋をイメージしたヘアゴム2点

image1 (7) (500x482)

本日のレッスンに早速着けて行っちゃいました~

キムジャコブス

生徒M.Uさんの作品です↓
キムジャコブスの大きな作品です。
image1 (19) (500x373)

額の世界にしっかりとした、空間と統一感があり、不安定なところがありません。
大きな作品になってくると、゛全体を見通す゛゛全体のバランスをとる゛という力が必要とされます。
よく出来ていますね

また、使わないプリントから葉や石などのパーツをカットし、ご自身で加えています。
ボリュームが出て一層良くなりました

額は風合いのある白額↓
image1 (18) (500x410)
額屋さんで、絵に合わせて選んだ、とっておきのもの
素朴で爽やかな感じが、絵にピッタリです

ネズミの髭にテグス

生徒M.Oさんの作品です↓
image1 (11) (500x500)
Oさんはユニークな生徒さんで、無機物を作るのは得意で、有機物を作るのは苦手(笑)
だから箒やチリトリを作る際は、とっても活き活きとしていました(笑)
だけど、どうです?有機物だってとっても素敵に作られているでしょう!?
背中のリボンや、スカートの膨らみ、ネズミの耳の質感素晴らしいですよ
これから、もっともっと生き物も作ってもらいたいですね

さてこの作品では、紙以外の材質がプラスされています。
ちょっと見ただけでは気が付かない所なのですが。。。

答えは髭の部分に、テグスをプラスしています

コツ&もう1工夫として。
動物の髭などにテグスをプラスしてみると、紙だけの髭と比べて、ボリュームが益し、より自然な感じになります
image2 (10) (500x500)

テグスも様々な太さがありますので、プリントに合わせて選ぶと良いでしょう。
テグスを貼り付けるさいには、木工用ボンドを使います。

↓こちらはテグスを貼り付けている様子です。
テグスが垂れ下がってしまわないように、マスキングテープなどを台にして、テグスの先のボンドが乾くまで、テグスを固定しています。
image1 (13) (373x500)

出来上がり
image2 (11) (500x500)
テグスは透明なため、良く見えませんが、それだけ自然な髭が再現されているため
簡単にグレードが上がりますよ
是非お試し下さい

テグスのほかに、プリントの色によっては、絵筆などの筆先を数本拝借して貼り付けるのも良いです。
茶色やグレーの髭にお勧めです

Flower & Rabit Dsize

大野千代さんのプリントです。
ウサギがとっても可愛いですね

生徒H.Hさんの作品です↓
image1 (12) (500x500)
テキストの付いているプリントではありますが、ご自身でテキストを作成して作った作品です
Hさんカラーが出ていて、良いですね

かなり細かくパーツどりをして、丁寧に丸めていらっしゃいます
なんだか、私が嬉しくなる作品ですね
こうやって生徒さんが積極的に作品に取り組んでくださると、講師として同じシャドーボックス愛好家として嬉しいです
素敵な作品ですね♪


この作品のウサギを見て、先日見たスーパームーンを思い出しました。
私が見た時はちょっと雲が多かったのですが、大きくて強い光でした
よいパワーをいただいた気がしました
また、休日に戸隠神社へも行って来ました。
紅葉はまだでしたが、神聖で清清しい木立のなかを歩くのは、気持ち良かったです~
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR