本の制作

゛シャドーボックスの本゛の事を、たくさんの方に聞かれますが、まだ出版にはいたっておりません
大丈夫!ちゃんと出版しますよ
今度は(多分)間違いなく10月には出版できそうです
予定より進みが遅くて・・・春に出版するなんて私が言ったものだから、大変ご心配をかけてしまいました

原稿も書き、写真撮影も済み、今は第一回目の校正&直しをしています
それに当たり、シャドーボックスの作り方をまったく知らない方にモニターをお願いして、私の説明はナシで、原稿だけを読んで、シャドーボックスを一点作ってもらう なんて事をしてもらいました

私にはわかっている事。
目の前で見せてしまえば、すぐわかる事。
それが写真と文字だけで伝えるとなると、盲点がありますね。

モニターをしていただいた方から、いろいろ指摘していただき゛ハッ゛としました。
私の気が付かない所を気が付き教えてくださる。。。とっても有り難いです。
本の制作の事だけでなく、とても良い経験となりました

たくさんの方にご協力いただき、明日お会いするモニターさんで最後です
たくさん直して良い本を作りたいです

私は本が出来るのが待ち遠しくてたまりません~
皆様も楽しみにしていて下さい~


家猫のまなちゃんです
image1 (9) (500x500)
image2 (6) (500x500)
可愛い顔ですが、時に白目をむいて寝ていて恐ろしいです
スポンサーサイト

食器棚の少女

可愛い後姿ですね
古くからお馴染みの、人気のプリントです

生徒S.Aさんの作品です↓
image2 (8) (500x500)
image1 (11) (500x500)
シッカリとカップに手を置き、棚に手を置き、台に足を乗せ。基本が出来ていて、不自然さのないきれいな空間ですね

Aさんはこのプリントの背景に困ったようです。
背景がグラデーションで途中からなくなっていますね。
このような時は、好きにすればよいのです(笑)
テキストにあったように、雲のようにフワフワと適当なところで切っても良いし。
切らずにそのまま棚として、形作り貼っても良いし。
他の案もあるかと思います。
自分なりに工夫して、楽しんでください

キム・ジャコブス

生徒H.Sさんの作品です↓
image1 (3) (500x500)

キム・ジャコブスさんのプリントは多面的でパーツ数が多く難易度の高いものだと言えます。
キレイに立体感ある空間に仕上がっています
とっても良いですね

image3 (500x500) (3)
ただこの作品、実は最後になってパーツの高さが額の奥行きを超えてしまい、額屋さんにお願いして後から額の奥行きを深くして、やっと作品を額に納めたものです
これはSさんだけでなく、他の方も陥りやすい例ですよね。
パーツを重ねるだけ重ねていって、気が付いたら、もう奥行きがいっぱいいっぱいだった!なんてこと、私も経験があります
特に景色のシャドーボックスなんかでは、奥行きを必要としますので気をつけたいです。

最初の1パーツから、奥行きを意識して作る事が重要で。
区切りとなる゛建物の壁゛や゛部屋の仕切り゛や゛手前の家具゛などは、あらかじめ
゛額の奥行き何センチになったらこのパーツ゛と決めておくと良いです。

また、立体感のあるシャドーボックスを作るコツは
奥のものほど、奥行きをつけづに貼り。
手前に来るにしたがって奥行きを高くとると圧倒的な立体感を生み出せます

参考までに

花かご

迎え盆を実家で過ごしました。
私の実家である、長野県のこの辺(どの辺!?)では(笑)、迎え盆の翌朝の朝食は゛おやき゛を食べます
今朝は母と共に、朝5時から゛おやき゛作りしてきました~
丸ナスと粒あんの2種類の゛おやき゛です
お店のおやきも美味しいものは沢山ありますが、やはり!田舎の味実家の味が一番ですね
出来立て美味しかったです~

さて今回ご紹介する作品は、生徒M.Hさんのシャドーボックスです↓
image1 (8) (500x500)
花かごのシャドーボックスです

image2 (4) (500x500)
たくさんの花がキレイですね

image2 (5) (500x500)
籠の丸みと、たくさんの花と籠の奥行きのとり方が見事です
空間を生かした奥行きのとり方をされていて、お花に生命力が感じられますね
素敵な作品です

貝と珊瑚のシャドーボックス

「暑い暑い」と言いながら毎日暮らしていますが
昨日庭でバーベキューをしましたら、夕方から心地よい風が
そう言えば、朝方開けっ放しの窓から冷たい風が入ってきて、起きたりもしました
なんだかんだと言いながら、立秋過ぎを感じてきましたね
日中暑いのは相変わらずですが

さてさてそんな季節にもぴったりな作品が出来ました
生徒M.Oさんの作品です↓
image3 (2) (500x500)
床や壁の木目もキレイ
立体感ある作品になりました

貝や珊瑚が゛夏らしい゛プリントですが。
色味が落着いているのと、貝殻や乾燥させた珊瑚なのが゛夏の思い出゛ポくて、秋まで飾れそうですね

このシャドーボックスにOさんが合わせた額は↓
image1 (7) (500x500)
ピンクの光沢のあるもの
私や他の生徒さんの想像していなかったものでしたが、素敵ですね

作品の印象が、パッと華やかで女性らしくなり
なおかつ、作品の持つスッキリとしたイメージは残しています

もう一度言わせて下さい!!「素敵です~

フラワーフェアリー

生徒M.Kさんの作品です↓

image2 (10) (500x500)
教室ではなくご自宅で作られたものです。
まだ初めて間もないKさんですが、彼女はとっても丁寧で落着いて作品を作られますので、お一人で作ったとは思えない出来栄えですね
お教えしたとおりに、しっかりと丸みがでていて素敵です

image1 (13) (500x500)
私は゛ミツバチ゛てフワフワしていて、可愛いく感じているのですが
(フェルトみたい
このプリントは女の子とミツバチが可愛くっていつか作ってみたいです~

モニーの作品バックを変えて2作品

西部公民館での講座にあわせて作った゛見本゛と、もう1点作ったものをご紹介します
額もプリントも同じ。
背景が違います。
それだけで雰囲気が違いますね~
image2 (500x500)
image1 (2) (500x500)
image2 (1) (500x500)
image1 (5) (500x500)

他にもモニーは、過去にこんな作品も作ってます
IMG_0268 (500x500)
IMG_0043 (299x400)

2015西部公民館シャドーボックス講座

7月から8月にかけて、初心者向けのシャドーボックス講座をやらせていただきました~
5回の講座で1つの作品を作ります

私の教室では、初心者向けの講座と言えば゛体験講座゛で、2時間で1作品を作っていただくのが主流でした。
そちらもお手軽で大人気なのですが。

今回は初心者といえど、5回も講座がありますので、かなり本格的なシャドーボックスを作っていただく事ができました
講座ではシャドーボックスの基本的な作り方から、キレイに立体的に作るコツなど、たっぷりと詰め込んでお教えしちゃいました~
今回の受講者様はラッキーだったかも

それではシャドーボックス初作品の受講生の作品をご覧下さい
image1 (6) (500x500)
image1 (7) (500x500)
image1 (8) (500x500)
image2 (3) (500x500)
image2 (4) (500x500)
image3 (500x500)
皆様とってもお上手で、教えた私がビックリしました

また機会がありましたら、こんな風に時間をかけた、体験講座もしてみたいです
その時は是非ご参加下さい

講座を企画下さった皆様、受講してくださった皆様、楽しい時間をありがとうございました。
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR