倉敷大原邸今橋より

第5回シャドーボックス展出展作品
゛倉敷大原邸今橋より _シャドーボックス_゛
縦760ミリ×横740ミリ×深さ100ミリ(額装込み)

今日はこちらの出来上がるまでをご紹介します
ちょっと長くなりますが、お付き合いくだされば幸いです

1image1 (500x500)
こちらの倉敷の絵をシャドーボックスにしました。
原画は岡山県倉敷市で画家をされている、杉田修一さんの水彩画゛倉敷大原邸今橋より゛です。
こちらの水彩画を、今回の作品展に使う枚数のみ印刷にかけていただき。
私のもとに、世界で10枚だけのプリントが届きました。
プリント10枚のうち、9枚をシャドーボックスに使い、1枚は予備。
の予定でしたが、結局10枚全て使い完成させました

さて最初は建物の奥にある木を作っていきます↓
2IMG_1486 (500x500)
今回のプリントは景色で奥行きが重要になりますので、遠くにある木の葉は、できるだけ細かく小さくを心がけました
小さいんですよ~。葉なんてカットしているしている時はゴミと見間違えるほど(笑)

続いて建物(大原邸)を作ります。
3IMG_1490 (500x500)
こちらは白壁に使われている石部分↑

4IMG_1503 (500x500)
瓦や格子戸も付けて、大原邸の出来上がり
5IMG_1504 (500x500)
先ほど作っていた、小さな石も付けてあるのがわかりますか!?

続いて、大原邸の前(お庭にあるのでしょうか)先ほどとは種類の違う木を作っていきます。
6IMG_1506 (500x500)
細い枝が空へ向かって幾つも伸びています。
細い枝ですが、活き活きと動きを出すために、裏に針金を貼り付けました↑

7IMG_1508 (500x500)
表から見るとこんな感じです↑
ここに、また細かな葉を張り重ねていきます

これを貼りました↓
8IMG_1511 (500x500)
9ajkuaeu 011 (500x375)
9IMG_1515 (500x373)

続いて続いて絵の右奥にある木を作り貼り重ねます↓
10IMG_1514 (500x373)
10ajkuaeu 007 (500x375)
まだ木の手前にある建物は穴あきですね(笑)

次はその手前にある建物を作り貼り重ねます↓
11IMG_1516 (373x500)
12IMG_1517 (500x373)
これで画面の半分を立体にする事ができて、ちょっとホッとしています

13ajkuaeu 016 (500x375)
先ほど付けた建物から、おそらく道があるであろうスペース分間隔をとって、建物より手前、石垣や橋や川となる大きなパーツを貼り、川上の柵を作りました。
13IMG_1525 (500x373)
もちろん!柵も紙を切って貼り重ねていますので、本来硬い柵を硬く見せられるよう、細くて弱くてしなってしまう柵になるパーツを集中して貼ります

続いて石垣↓
これを作るのは楽しかったですよ理由はありませんが
14IMG_1530 (500x373)
川底に近づくにつれ、見えなくなっていく石の立体表現を工夫しました

16jkuaeu 067 (500x375)
先ほどの手前にある一段低い石垣も作ります。
17jkuaeu 068 (500x375)

低い石垣には街灯がありますから、そちらも作りましょう↓
18jkuaeu 069 (375x500)
19jkuaeu 070 (375x500)
街灯の下に生えている細い草だって、しっかりと立体になっていますよ

さあ、作業は佳境
橋部分も作り!
川を流し込みました↓
20jkuaeu 071 (500x375)
水の表現には透明度の高いボンドを使っています。
21jkuaeu 072 (500x375)
貼り重ねるパーツも残り少なくなってきました。
22jkuaeu 074 (500x375)

橋の手前の石垣、その下の小道?を立体にします↓
24jkuaeu 075 (375x500)
25jkuaeu 076 (500x375)

残るは、一番手前。おそらくこの景色を見ているだろう人と同位置に立つ、柳の木から垂れる枝。
これを表現するのは難解でした

軽やかな感じ。風の感じ。
枚数を重ねボンドで奥行きを表現するシャドーボックスでは、手前ほど紙が沢山重なり重い印象になってしまいます。
上記に上げた私の柳に対する感覚とは間逆

紙を重ねボンドで奥行きを出すのをやめ、作品の衝立に針金で固定した柳を付ける事にしました↓
27IMG_1572 (500x373) (2)

23IMG_1578 (500x373)
絵とピッタリの位置に針金を通すのは難しかったけれど、イメージにぴったり
ボンドのない空間に風の通り道を作りました
28IMG_1576 (500x373)
27IMG_1577 (500x373)
この柳は、第5回シャドーボックス展へ起こし下さった、杉田修一先生にお褒めの言葉をいただきました

そして完成です~
29jkuaeu 083 (500x375)
30jkuaeu 085 (375x500)
31jkuaeu 087 (375x500)
32IMG_1574 (500x373)

4ヶ月間、一生懸命取り組んだ作品です。
ご視読ありがとうございました
スポンサーサイト

第5回シャドーボックス展゛Shadow Box Art Exhibition in Japan 2015゛

行って参りました゛東京国際フォーラム゛ 第5回シャドーボックス展
124 (500x500)
126 (500x500)
上から見るとこんな感じです♪
ここに200点あまりの作品が集結
無題2 (373x500)
こちらは朝の様子です。
これから沢山のお客様がいらっしゃいます!
もっと盛況の写真を撮れば良かったですね(笑)いつも後になって思います(笑)
どうしても手の空いている時間に、撮影してしまいます。

会場はレベルの高い作品ばかり♪
私は2日間の滞在でしたが、丸二日飽きる事無く、穴の空くほど作品を観て回りました
どれも感動したり、発見があったり、素晴らしい作品でした

全ての作品をご紹介することは出来ませんが、お話することが出来て、許可をいただいた作家さんの作品をご紹介したいと思います
151 (500x373)
コチラは私の属す会派の゛シャドーボックス・ラ・マーニ゛ブース↑
まずはラ・マーニの作品から

147 (373x500)
シャドーボックス・ラ・マーニの大先生 石井百合子先生の作品です
圧倒的な立体感で存在感のある作品。
大きな空間を感じさせる、こんなシャドーボックスを私も作ってみたいです~

つづいて
128 (373x500)
金井裕子さんの作品です↑

130 (500x460)
渡辺のり子さんの作品です↑

132 (373x500)
矢田弥生さんの作品です↑

134 (373x500)
鬼塚真弓さんの作品です↑
彼女が作家さんと交渉して原画の手配をしてくださいました。ありがとうございます。

136 (373x500)
山内雅美さんの作品です↑

138 (373x500)
又村里実さんの作品です↑

140 (373x500)
松元よう子さんの作品です↑

142 (365x500)
越智恭子さんの作品です↑

143 (367x500)
佐々木裕香子さんの作品です↑

144 (372x500)
石井恵子さんの作品です↑

145 (373x500)
中村葉子さんの作品です↑

146 (373x500)
星川郁代さんの作品です↑

148 (373x500)
今吉香さんの作品です↑

149 (500x373)
細野早苗さんの作品です↑

183 (500x500)
若山憲子さんの作品です↑

すみません。作品の順番が前後しております。

IMG_1573 (500x373)
最後は私、湯本千絵の作品です↑
何という事でしょう!?
自分の作品の写真を撮り忘れていました こちらは自宅で撮ったものをアップしております(笑)
私の作品については、次回作られていく過程などもブログにアップしようと思います

シャドーボックス・ラ・マーニでは゛倉敷市の町並み゛をシャドーボックスにしました。
原画作家は杉田修一さんです。
シャドーボックスは原画あってのアートですので、こんな素晴らしい絵にめぐり合い立体にすることが出来、杉田さんに感謝です。

つづきまして
178 (500x500)
゛シャドーボックス はなみずき゛大橋禾苗先生の作品です↑
大橋先生は、私が今までお話した事のない大先生でいらっしゃいます。
今回は幸運な事に、受付をご一緒する機会があり、作品を載せる事ができました。
180 (500x500)
小窓の中にも一つ一つ小さなシャドーボックスの建物がっ!

176 (500x500)
松丸克代さんの作品です↑

154 (500x500)
一瀬寿美子さんの作品です↑

185 (500x500)
栗田理子さんの作品です↑

182 (500x500)
田中裕子さんの作品です↑(原画作家:SHU)

※作品ご紹介の順番、また写真の大きさは意図がありません。
また、作品のガラス面が光ってしまい、上手く作品を伝えられないのをお許し下さい。

ご紹介した作品、またご紹介できなかった作品、どれも本当に素敵な作品ばからり
一緒に作品を出せた事が嬉しくてしかたありません

もう一つ嬉しかったのは、沢山の方にお会いして、沢山の方に作品を観ていただけたこと。
フォーラムにお越しのお客様、出展された先生方、ミクシーやフェイスブックでのお友達、シャドーボックス愛好家、遠くから来てくれた長野の生徒さん
ありがとうございました。
無題1 (500x319)
無題 (373x500)

こうやってシャドーボックスをたくさんの人に知ってもらい。
シャドーボックスの輪が広がっていくといいな。
良い経験、良い刺激、良いご縁の第5回シャドーボックス展でした。
また良い作品を作っていきたいと思いますので、これからも宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。

庭から見える灯台

生徒Oさんの作品です↓
時間をかけてじっくりと作りました
image2 (2) (500x500)
遥か遠くの海から、道向こうの灯台、一本小道からゲートを通って庭へと、一続きになっている立体感が見事です
この作品を覗き込むと、海風が顔に当たりそう

image1 (2) (500x500)
マットも青で爽やかですね~
これからの季節にピッタリの作品が仕上がりました

第5回シャドーボックス展

只今、東京国際フォーラムで開催されています゛第5回シャドーボックス展゛
明日になったら、私も会場へ参ります

沢山の作品と人に会える事、とっても楽しみです

私は土日の二日間会場にいます。
土曜は午後3時半くらいまで。日曜は午後4時半くらいまで。

東京まで観に来てくださる、知人や生徒さんもいらっしゃいます。
私も展示会を満喫しつつ、来てくださった方々を精一杯おもてなししたいと思います

たくさんのご来場お待ちしています。

2015境内アート小布施×苗市

今日はとっても天気が良く素敵な一日でした~
お花見をかねて、息子と一緒に゛境内アート小布施゛へ行ってきました

シャドーボックスのお話ではなくなってしまいますが、今年の境内アートの様子をご紹介したいと思います

境内アートは、小布施町の玄昭寺で2日間行なっている、苗市&骨董市&アート展&クラフト市です♪
image1 (4) (500x500)
(やって来ました!境内アート!!)

ここはアートエリア
image1 (5) (500x500)
(目にとまったのは、銅版で作った折り紙(銅版)

image2 (2) (500x500)
(お話をさせていただいて、作品にも触らせていだたいて、さらに息子へ小さな銅版の鶴を下さいました

image1 (6) (500x500)
(ライブペイントされている方や)

image2 (5) (500x500)
(繊細で綺麗な切り絵)

(息子は銀のキーホルダー作りに挑戦です
image1 (8) (500x500)
(型に絵を描いて)
image1 (10) (500x500)
(彫刻等でカット)
image2 (10) (500x500)
(銀を流し込んでもらい)
image3 (2) (500x500)
(出来上がり~

image1 (7) (500x500)
image2 (7) (500x500)
(キラキラしていて、とってもキレイ~
image1 (9) (500x500)
image2 (6) (500x500)
image3 (4) (500x500)
image2 (8) (500x500)
image2 (9) (500x500)
(etc。。。アートエリアはこれで終了♪)
(クラフトエリアも楽しかったです♪ 骨董エリアではシャドーボックスに使いたい着物の布地にめぐり合い、゛まけて゛いただいて購入

(お食事エリアでインドのコロッケとチャイ、おにぎり、クレープを購入して)
image1 (11) (500x500)
(満開のサクラの下ランチ
いや~最高でした

私は動くのは好きですが、ほおっておくと、ずっと家に閉じこもってシャドーボックスを作っています(笑)
でも、こうやって他のアートに触れ、太陽と風にあたって、心と体をリフレッシュするのは良いですね
気持ちが新鮮になったような気がします

アネモネ

たっくさんの綺麗なアネモネの作品です
発色の良い色と、パッと開いた様子は華やかですね~
だけど花びらがとっても薄くて、風に合わせてそよそよと揺れる様な、繊細さのある花でもあります

生徒Sさんの作品です↓
image2 (2) (500x500)
花芯の部分はテキストにない、切り込みを入れて、より豊かな表情を出しています

image3 (2) (500x500)
花瓶にたくさんのアネモネが入っている、゛ギュ゛とした感じが表現されていて良いです~

金箔を貼りました

とっても雰囲気のいい、和風のシャドーボックスです

作ったのは、生徒Sさんです↓
image1 (500x500) (2)

構想の段階では、プリントに描かれている背景をそのまま使い、そこに゛金箔を散らす゛予定でした。
でも出来上がりは、バック前面金箔張り~
落着いているのに華やか~
和の美~
image2 (500x500) (2)

この金箔はSさんの独学・・・私では、広い範囲の金箔張りはお教えできないのです。
狭い範囲の金箔張りや、金箔を散らす、事なら、私でも大丈夫なのですが
前面となると・・・やはり難しいですね
Sさんスゴイです

豪華でカッコイイですね

月夜のピアノ

生徒Aさんの作品です↓
image3 (2) (500x500)
可愛くできています~

image2 (4) (500x500)
額は夜のイメージで選びました

春休みに♪

生徒Hちゃんの作品です↓

新小学4年生が春休みに作った5連の作品
image3 (3) (500x500)

やわらかい色合いで統一されていて、ポカポカした穏やかな日差しの春を思わせます
色や配置もとっても良いですね

image1 (4) (500x500)

春休みの゛ペーパークイリング講座゛でご一緒して、一緒に学んだペーパークイリングが、
早速作品に仲間入りしています(4段目)
これからも、いろんなものを吸収して、作品に活かしていって欲しいな

波うち際の灯台

生徒Sさんの作品です↓
image2 (500x500)

景色の作品としては小ぶりで、作り易いかと思います
波や岩の表現をシッカリと作りこむと良いですね

印象を変えよう。マットへデコパージュ

生徒Aさんの作品です
アルミ箔の大変光沢のある素材で作られたシャドーボックスは、ピカピカしていて素敵でね
テキストにはない小さなお花もカットされ、ご自分で足していかれたので、見応えがあり良いです

ところがAさん、額に入れてみると・・・
華やかな絵柄(シャドーボックス)と、シンプルなマットと額との間に違和感や物足りなさを感じた様子でした

image1 (1) (500x500)

そこで今回、私が提案させていただいたのは、マットへのデコパージュです
手描きは自信がない。
シールでもかまわないのですが、シールだとちょっとアート感が欠けてしまう。
そんな時は、ライスペーパーの種類も豊富で、イメージに合わせやすく、陳腐にならない、デコパージュがお勧めです

イメージに合う絵柄を切り取ります↑

こんな風にデコパージュしました↓
image2 (1) (500x500)

image3 (1) (500x500)

四隅のピンクのバラの花が、パッと額を明るくしてくれます
可愛らしさもアップしてAさんのイメージ通りの作品になりました

とっても簡単な方法で、印象が変わります。
まあ、いいか。。。ではなく、Aさんの様に、こだわりを持って作品に向き合ってみると、素敵な作品が生まれますよ
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR