中野市立図書館で作品展示

本日雪の降る中、中野市立図書館へ搬入に行ってまいりました~
休館日の図書館には初めて入りましたが
静かで、職員の方が黙々と作業をされていて、素敵な空間でした~

1月31日(土)~2月26日(木)
1ヵ月間
中野市立図書館に私のシャドーボックスが展示されます

58445image3 (500x500)

今回は、初ガラスケースの中の展示!です。
配置が難しかったですが、空間を上下に使うように心がけ自由に並べてみました

image7 (500x500)

大きな作品も持っていきましたが、ガラスケースには小さな作品を沢山並べた方が、雰囲気にあい、可愛かったので大きな作品を2点に絞り、あとは小さな作品を散りばめました
楽しく展示させていただきました
見てくださる方も、楽しんでいってくださると嬉しいです

52365image4 (500x500)
image5 (500x500)
image6 (500x500)

最近は読まなくなった本ですが、昔はたっくさん読んでいました
小中学生の頃は図書室&図書館が大好きで、入り浸っていました
なんだかまた図書館に行きたくなりました
皆様も是非、図書館にいらして下さいナ
スポンサーサイト

ペーパークイリング講座♪

私!生徒になります
生徒さんが先生をいたします

一日限定の 「ペーパークイリング講座」 開催します~

さて私も詳しくないペーパークイリングとは!?
細長い紙をクルクル巻いて作る簡単クラフト
クルクル巻いた紙が、お花になったり鐘になったり♪

image1 (500x500) (3)

素敵でしょ~
アップルミュージアムの生徒Uさんの作品です
彼女が本で勉強して作り始めたペーパークイリング
シャドーボックスのマットや額にペーパークイリングを飾って華やかに
シャドーボックスも紙でペーパークイリングも紙で、相性バッチリ

こんな素敵な作品をいくつも作られるようになりましたー

こんな可愛いの見せられたら、周りは放っておかないですよね!
「私もやりたいー!」って声が続出しました(そのうちの一人は私です(笑)

image2 (500x500) (2)

前回はこんな可愛いペーパークイリングとデコパージュの洗濯バサミをいただいちゃいました


「ペーパークイリング」教室
3月29日(日) PM1:00~3:30
場所:いいづなアップルミュージアム
持ち物:ハサミ・ピンセット
参加費:500円(お茶&材料費込み)
予約をお願いいたします。
定員はまだ決まっておりませんが、定員になりしだい締め切らせていただきます。
※講師が教えるのではありません、その旨をご理解いただけるかたのご参加をお待ちしております。

シャドーボックスの奥行きの取り方

生徒Sさんの作品です↓

imajkuge4 (1) (500x500)

簡単なものですが、花びらに張りがあり、お花の生命力を感じる作品ですね
2層目の破いた紙のようなパーツもワザと平らに貼らずに、動きを出しています。
紙に描かれた花が、まるで本物になって出て来た様ですね

さて、Sさんに質問されてお答えした事を、伝えようと思います。
「2層目の破いた紙のパーツですが、どのように解釈して、どのくらいの高さに貼ったらよいのでしょう?」というものでした。
シャドーボックスは作る前に絵を良く見て、絵の内容を理解すると良い作品を作る事ができます
これは幼い子供の絵なのに、勘違いして老人だと思い込んで立体にしてしまった~(笑)なんてミスを防ぐためです。
ここまでヒドイ間違いはそうそうないでしょうが、こんな風に勘違いをして絵を立体にしてしまうと・・・
幼い子供だと理解して立体化すれば、本来プックリ丸いフォルムになります。
しかし絵では幼い子供を、勘違いして老人に立体化してしまうと、硬く腰の曲がった人物に作ってしまうかもしれません。
これでは絵と立体化したイメージが合わないため、見ている方に感動していただけるような作品にはなりません

とまあ、よく絵を理解した上で、こちらの作品の場合では
「紙の中にかかれた花のイラストが立体花になっているようなシャドーボックス」にしようとなるわけです。
それならば、2層目の破かれた紙の高さは、制作者の好みでよい!と思います
好みでよい!と言ってしまえば、全てそうなのですが(笑)
1層目の上にペタンと貼ってしまって所々浮かすとか。。。まったくゆがませる事なく平らに貼るとか。。。上を低く下を高くとか。。。中心を高く左右を低くとか。。。
あとは、額の深さも考えに入れて、シャドーボックスの高さを決めてあげなくてはなりませんね。
いくら好みで高々と作り上げても、額に入らないではよろしくありませんから(笑)

シャドーボックスは完成した作品の一番高い所が、額のガラスから5ミリ~1センチ下が良いと思われます。
窮屈でもなく、額の奥行きを十分に使えている高さです

ですから2層目以降に貼るパーツのボリュームも考えに入れて、ちょうどよい高さを探してあげるとよいですね

なんだか沢山書いてしまいました~
ようするに!絵がイキイキと十分奥行きを使って立体化し、額にちょうど良くおさまる高さに、頭を悩ませながら作る
って事です
でもそんなに難しく考えずに気持ちよく作っていただければ良いと思いますよ~
でも考えれば考えるほど難しいんですよね~
そんなところが物作りの楽しいところです

みなさん頑張ってください

橋のある庭のお屋敷

生徒Uさんの作品です↓

image3 (1) (500x500)

いつも作業の早いUさん
作るのが好きで、小さな作品なら1日でパパパーと作っちゃいます
でも、こちらの作品は、とっても時間をかけて、作っていらっしゃいました

景色の絵ですが、ピンクや赤が基調で、可愛い印象です。
こんな奥行きのある絵を、丁寧に作ると、素晴らしい作品になります

Uさんは石橋の一つ一つを貼って、細く切って強度のなくなった、橋の鉄柵の裏には一本一本針金を通しました
その甲斐あって、硬く頑丈な橋の感じが表現できています。
可愛らしい絵ですが、ここだけはガッチリと作っておきたいものです

image2 (1) (500x500)

景色の絵の周りに、マットのような絵もかかれているのが特徴です。
そこにはゴールドのエンボスシール。お花にもビーズをあしらって、もう一輝きをプラス

image1 (1) (500x500)

額に入れると2重マットのようで、可愛く華やか

素敵な作品ができあがりました

カーネーション

生徒Sさんの作品です↓
image5 (500x500)

こちらのカーネーションのシャドーボックは色紙に作りました
ちょっぴり豪華な色紙です
メッセージや寄せ書きなどを載せる色紙にの彩りに、シャドーボックスも良いですね
手作りなのが特別なメッセージにピッタリです

絵には描かれていない、Sさんオリジナルの赤いリボンが可愛いです

デイジー

生徒Sさんの作品です↓
image4 (1) (500x500)

綺麗な丸みが付いていますね
こちらは教室ではなく、ご自宅で制作された作品。
すべてご自分で作られたものです

少し前まで、どうやってパーツの形や糊付けをすれば良いのかと、迷っていた方とは思えない、素敵な作品ですね(笑)
皆さんそうですが、沢山作れば必ず、作品が豊かになっていきます

パーツ一つ一つ自信を持って作っていけば、作品全体がイキイキとしてきます

フォックスウッドのシャドーボックス

小学生の生徒さんの作品です
生徒Hちゃんのフォックスウッド↓

image3 (500x500)

沢山の作品を作っているHちゃんですが、今までは短時間で出来る、簡単なシャドーボックスが中心でした。
今回初めて、数回のレッスンに分けて作る作品に挑戦しました
パーツ数が多くなったということですが、飽きずに最後まで興味を持って作っていました
それだけでも年齢からいったら凄いかなって思います

image2 (500x500)

船の奥行きに苦戦していましたが、とっても立体感のある作品になりました
紙をカットして、カットした箇所をペンで色を塗って、モデラーで丸めて形を作り、貼っていくシャドーボックスというクラフトアート。
Hちゃんだけでなく、私も他の生徒さんも、立体を想像しながら作っていくのが、面白さであり、課題です
苦戦する箇所もあるかと思うけど、悩むのも楽しみの内(笑)
良い作品を生むために苦労するのも、いいかなーって思います

冬のフラワーアレンジメントのシャドーボックス

生徒Kさんの作品です↓

013 (500x500)
014 (500x500)

どちらも秋冬に飾りたくなるような、温かみがあるプリントです

シャドーボックスを始めたばかりのKさんですが、下地やデコレーションにこだわって、素敵なシャドーボックスを作って下さいました

ティーカップのジンジャーマン

ゴメンナサイ
もっと早くにご紹介すれば良かったと思うのだけど
年明けになってしまいました

生徒Mさんの作品です↓
017 (500x500)
018 (500x500)

とっても上手に作られていますね!
素晴らしいのは、オリジナルの背景
こちらのジンジャーマンのプリントの背景は無地なのですが、Mさんがシールなどの工夫をプラスして賑やかなオリジナルの背景を作っています
オリジナルとは思えないほど、イラストと色味も風合いもマッチしていて、ビックリです
はじめから背景にこのようなイラストが描かれていたかのようですよね

おそらく、プリントを良く眺めて、絵を理解した上で。
背景を模索して、材料を選んだのではないでしょうか!?
素敵な作品を見せていただきました

招き猫に羽子板 お正月のシャドーボックス

お正月に華やかな作品ができあがりました
なんとコレ!28日に作り始めてお正月までに完成させたとか!

生徒Uさんの作品です↓
image1 (500x500) (2)

樹脂の作品ですね。
額に貼った、梅のピンクとゴールドが華やかで綺麗です
梅の絵の上にはグリッターとビーズで、額にも立体感と存在感をプラス

ここ最近、色の組み合わせセンスがメキメキと上達してきているUさんです

羊毛糸玉

明けまして おめでとう ございます
本年も 宜しく お願い いたします

025 (373x500)
毛糸玉と羊の可愛い絵で作ったシャドーボックスです
なんだか温かそう

026 (373x500)
今年の年賀状用に作ったものです

027 (373x500)
丸い毛糸玉を作るのがとっても楽しかったです~
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR