お友達へ

フラワーフェアリーのシャドーボックスです

こちらを制作されたのは、私のママ友です
レッスンに来てくださって初めてのシャドーボックスに挑戦してくださいました
IMG_1208 (500x500)

彼女はお料理や小物をとっても素敵に作ります
手先が器用でセンスが良いので~。。。ご覧の通りシャドーボックスも素敵な作品が仕上がりました

IMG_1209 (500x500)

こちらの作品はお友達へのプレゼントだそうです
スポンサーサイト

8月のりんごの湯ギャラリー

HさんとUさんに手伝っていただいて、搬入へ行ってきましたー
今日から8月いっぱい、第1、第3、火曜日に教室を開かせていただいている゛豊野温泉りんごの湯゛のギャラリーにシャドーボックスを展示させていただきます
私の作品2点と生徒さんの作品沢山
それぞれに、新作や夏にピッタリと思える作品を展示しました

image (2) (500x500)
image (1) (500x500)
image (500x500)

温泉にゆっくり♪ シャドーボックスにゆったり♪ して下さい

アエリーのシャドーボックス工房 りんごの湯ギャラリー展 
期間  8月1日(金)~8月29日(金)
場所  豊野温泉りんごの湯 ギャラリー
                   〒389-1106 長野市豊野町石417
                   TEL 026-257-6161    ホームページ  http://t-ringo.com/

アントン・ピック

生徒さんでココまで細かな作品を作ったのは、私の教室では初めてかもしれない
もう!素晴らしいの一言

生徒Aさんの作品です↓
IMG_1217 (500x500)

屋根のタイル一つ一つ貼りました↓(写真制作途中)
壁のヒビもしっかりと表現しています
2014710A3(500x500).jpg

床のタイルだって一つ一つ貼りました↓(写真制作途中)
2014710A4(500x500).jpg
↑手前の連なる人々は一つのパーツ。
この大きなパーツを、輪になるように表情をつけて、なおかつ下の平らな絵に合わせるのは至難の業です

細かな作業と、大きなパーツの手際のよさが要求されるボンド付け、またパーツ同士のズレの解消など。
Aさん、「大変だ!大変だ」とボヤキながらの作業の連続でした(笑)

でも 出来上がりは素敵な作品になって達成感があって
本当に喜んでおられました↓ (完成写真)
IMG_1216 (500x500)

細かい作業と、しっかりとした空間構成
どうです!!この立体感
IMG_1215 (500x500)
素敵ー
Aさんの代表作ですね

結婚祝いに

生徒Kさんの作品です↓

シャドーボックスを作り終わってから、ふと気づくとちょっと下の空間が空いているような・・・
そんな時は!空間を何かで埋めてあげるとバランスが整います

シールやレースや素材はいろいろ
今回はブリザーブドフラワーを使いました
20147K6 (500x500)
ボンドを使ってバランスを見ながら、ペタペタと貼っていきます

使ったブリザーブドフラワーは、白いカスミソウと淡いピンクの紫陽花。
プリントの色使いにピッタリですね
20147K7 (500x500)
どうです?
下の空間が気にならないでしょう?
それどころか、お花に囲まれて絵の新郎新婦もより一層幸せそう

ちなみに、このブリザーブドフラワーは生徒Uさんにいただいたものを使わせていただきました
素敵な作品になって嬉しいです

出産のお祝いに

生徒Kさんの作品です↓
20147K8(500x500).jpg

こちらは出産祝いだそうです
可愛く可愛く作ろうとしたのが伝わってきますね

ガラス器のピンクの薔薇

湯本千絵の作品を紹介します

ピンクのお花が可愛くって、テンション上がりながら作りました
IMG_1149 (500x500)
IMG_1152 (500x500)
IMG_1147 (500x500)
IMG_1153 (500x500)
IMG_1154 (500x500)

こちらは新作で 
これから8月30日まで展示される、豊野温泉りんごの湯のギャラリーにも出展しようと思ってます
写真もキレイに撮ったつもりですが、実物はもっと良いと思いますよ(笑)
りんごの湯ギャラリーについて詳しくはこちらへ↓
http://aerino1.blog.fc2.com/blog-entry-551.html

この作品の制作過程も前回のブログで紹介しています
http://aerino1.blog.fc2.com/blog-entry-561.html

ガラス器のピンクの薔薇(制作過程)

今回は湯本千絵の作品を紹介したいと思います
涼しげな透明器に入った、ピンクのバラのシャドーボックスを作りました

作る過程も写真に撮っておいたので、写真を沢山載せながら、順を追って書いていきたいと思います

201461(500x479).jpg
↑器の置いてある所を斜めに上げて、その上に1枚全体をカットしたパーツを乗せます。

早速!一番奥のパーツから形を作っていきましょう♪
IMG_1104 (500x500)
こんな風に葉脈や花びらの先端まで、しっかりと感じを出して作ります。

このパーツをココに貼り重ねます↓
IMG_1135 (500x500)

今回はなんちゃってガラスを自分で手作りしてみました
絵にあるような器の形にするのは難しかったけれど、上手くいったと思います
どうですか?
IMG_1109 (500x500)
↑ガラスの器の中の茎や葉を貼り付けてから、水になるピュアクリスタルをタップリと入れて、なんちゃってガラスをくっつけます。

続いて~ 左側にある実を作ります
小さいパーツですが、丁寧にモデラーで仕上げると、くるんと丸まってビーズみたい
゛まあるい゛ものを作るのは大好きです
IMG_1107 (500x500)

↓小さくて分かりずらいけど、ここに付いてます
IMG_1134 (500x500)

さあ!どんどんとパーツを貼り重ねていきましょう

バラを4つ付けました
IMG_1136 (500x500)

中央のバラも付けて葉も付けます
IMG_1137 (500x500)
次に貼り付ける、実の部分が上に映っていますね

小さな実がたくさん付いていますが、これも一粒一粒丸めて貼り付けていきます
IMG_1138 (500x500)
大変なのですが、ボリュームが出てくるのを見ていると嬉しくなります

涼しげな感じを出したくて、ガラスの器に水滴を付けてみました↓
IMG_1151 (500x500)

完成~~~
IMG_1149 (500x500)

フラワーフェアリーの3連

生徒Aさんの作品です↓
2014710A1 (500x500)

可愛い額に
可愛い妖精が3人
バックの台紙を゛和゛にしたのがユニークです

色とりどりでフラワーフェアリーの名前にピッタリですね

2014710A2(500x500).jpg
さて、こちらの額ですが、シャドーボックス用の奥行きのある物ではありません。
Aさんが裏に木を貼り、深さを追加しています。
凄いですね!
私はこういった作業が苦手なので私の額も作って欲しい~

りんごの花の妖精

生徒Uさんの作品です↓
201476U2(500x500).jpg

可愛いプリントですよね
額の奥行きをしっかりと使って、シャドーボックスの立体感を十分に出しています
Uさんは奥行きの使い方が上手いです

201476U3(500x500).jpg
こちらのプリントは、テキスト付きのものも販売されていると思うのですが、
今回は私の書いたテキストでUさんに作ってもらいました。
テキストの書き方は教室やお店ごと様々。
自分に合っている合っていないも、もちろんあるでしょう。
けれど自分でテキストも書いてみたいな~とテキスト作りも視野に入れ始めたら、いろいろなテキストで作ってみると、自分のオリジナルのテキスト作りの糧になりますよ

ブルージェイと林檎の花

林檎の実も赤い色はついていませんが、丸く大きくなってまいりました。
ちょっと季節は過ぎてしまいましたが、完成です

生徒Kさんの作品です↓
20147K5 (500x500)
ご自宅で、これだけの作品を作れるようになったのが、素晴らしいです

鳥の羽の細かい所まで、気を配って仕上げてあり良いです

籠に入ったお花

生徒Sさんの作品です↓
2014715S1(500x500).jpg
全体の高さのバランスが良いですね
たくさんのものが密集している場合は、あらかじめコノ花は奥、コノ花は手前と、プリントを良く観察して決めておくと良いでしょう

またこちらの籠は、エンボス加工で仕上げたのではなく。
縦と横のパーツを切り離し、本当に編んで仕上げています
通常よりも少しプリントの枚数が多くなってしまうかもしれませんが、こんな技法もあります
これだとより立体的に実物に近く作る事ができます

写真だとエンボス加工との違いが、ちょっと分かりにくいですね。。。
本物を見ると一目瞭然なのですが・・・残念

展示会などの時にSさんが、この作品を出してこられたら是非籠を注目して見て下さい

2014715S2(500x500).jpg

額は夏らしいスッキリとした白におさめました

向日葵と鬼灯のシャドーボックス

夏のシャドーボックス第7段!

中央にパッと開いた向日葵。周りには秋を感じさせる草花でしょうか。
夏から秋にかけて飾れる作品ですね
201472H2 (500x500)
201472H1(500x500).jpg

額の奥行きを上手く使っています
奥を低く、手前を高く。
基本ですが、上手く使うと2~3センチの空間に、それ以上の広がりが生まれます

花いっぱい梟

生徒Uさんの作品です↓
201476U7(500x500).jpg
カラフルで元気を貰える絵です
シャドーボックスも楽しく作れそうですね

201476U6(500x500).jpg
Uさん、前回の作品に続いて、こちらの作品にもブリザーブドフラワーを使っています
絵柄のお花がカラフルで大きいので、使ったブリザーブドフラワーは、小ぶりで色も黄色や緑といった溶け込むものを選んだようです
それでもこうやって、ブリザーブドフラワーで空いた空間を埋めていけば、より現実に近い空間になりますね

2014中野市民作品展

今日は中野市の生徒さんと一緒に搬入に行ってきました

明日! 7月19日(土)~21日(月)
午前9時~午後6時(最終日は5時まで)
中野中央公民館3階 講堂

にて゛市民作品展゛開催中です

お近くの方は是非~♪

securedownload[1] (500x500)
securedownload[1] (2) (500x500)

ブリザーブドフラワーを使った樹脂作品

生徒Uさんの作品↓
樹脂をかけて固めたシャドーボックスです
201476U4 (500x500)

シャドーボックスはプリントそのままを3Dにしたり。
または、絵に合わせて、作家はより良く、より好みにと異種素材を組み合わせたりします
材料はアイディアしだいで何でもアリです♪
普段はシールやレースやスタンプや、造花やドライフラワー、写真。。。
今回はブリザーブドフラワーをプリントのリースに足してボリュームをアップ華やかにしました

201476U5(500x500).jpg
ブリザーブドフラワーとは専用の溶液を用いて、長期保存できるように加工した生花です。
花の色も自由に付けることが出来るので、自然な感じにもポップな感じにもなります。
ですが、お値段がお高いのがネックでした。
なかなか今回のように、シャドーボックスの回りにポンポンとおけるようなものではなかったのです

でも今回生徒さんから教えていただいてビックリ!
ブリザーブドフラワーもここ数年で本当にお値段が安くなっていたんですね

こちらのシャドーボックスには、カスミソウと紫陽花のブリザーブドフラワーを使っています。
造花やより自然で、ドライフラワーのようにボロボロしない、ブリザーブドフラワーは使い勝手がとっても良いです
良い材料がまた一つ加わりました


石鹸のデコパージュ体験

 野温泉りんごの湯祭  石鹸のデコパージュ体験 

カラフルな石鹸を自分で作っちゃおう
キレイな絵柄が簡単に石鹸にプリント出来ちゃう
体験時間も20分程度で、小さなお子様でも大人のサポートがあれば作れます
作った後は、もちろん石鹸として使えるので、楽しく手洗い
飾っておいても素敵です

期間  8月2日(土)
時間  12時~4時
場所  豊野温泉りんごの湯 ギャラリー
               〒389-1106 長野市豊野町石417  TEL 026-257-6161   http://t-ringo.com

P5190211 (400x300)

りんごの湯ギャラリー展

 アエリーのシャドーボックス工房 りんごの湯ギャラリー展 
 期間  8月1日(金)~8月29日(金)
 場所  豊野温泉りんごの湯 ギャラリー
                   〒389-1106 長野市豊野町石417
                   TEL 026-257-6161    ホームページ  http://t-ringo.com/

りんごの湯ギャラリーでアエリーのシャドーボックス工房のシャドーボックス展を開催いたします
講師&生徒の作品数点を展示
夏らしいシャドーボックスを考えています
温泉にいらした際には、是非ギャラリーもお楽しみ下さい

image (3) (500x500)

初めてのシャドーボックス

レッスンに体験に来ていただいた2人の作品をご紹介したいと思います
20147TK1(500x500).jpg
20147TK2(500x500).jpg

どちらもバラの作品ですね。
今頃家に飾っていただけていると思うと嬉しいです

初心者向けの1日体験教室も時々開催させていただいていますが。
年に1~3回と、なかなか回数はこなせていません。

そんな中
「ずっとシャドーボックスを作ってみたいと思っていたんだよ。」とか
「ずっと教室に来て見たいと思っていたんだよ。」とか
体験の方に言っていただきました。

もっと、勇気をださなくとも来やすい教室を!って思います
がんばりま~す

ディンプルアートで鮮やかな海を演出♪

夏のシャドーボックス第6段!

こちらも大野千代さんの可愛い犬のプリント。
今回は額のガラスにディンプルアートで絵を描いて、より大きな空間で海の中のイメージを作りました

生徒Kさんの作品です↓
20147K1 (500x500)
ガラスに布にも描けて。
ガラスに描くと透明で曇りガラスのような模様が浮き出ます。
光を通してキラキラと輝く夏にピッタリの絵の具。
ディンプルアートです
絵のデザインはKさんオリジナルのもの

20147K3 (500x500)
大野千代さんのプリント。
落着いた色合いのプリントになじむように、バックには紙ではなく布を貼りました

二つを合体させて
20147K4(500x500).jpg
完成です~

撮影は光の当たらない所でしましたので、ディンプルアートがバックに映りこみませんでしたが
額に光が入ると、ディンプルアートがバックの無地の布の上に浮かび上がって、とっても涼しげでキレイですー

UV樹脂のアクセサリー(指輪・ヘアゴム・バックハンガー)

今日はシャドーボックスでないものをご紹介
アエリーのシャドーボックス工房はシャドーボックス教室ですが。
私の趣味でやっているディンプルアートやデコパージュなど、生徒さんから要望があれば単発レッスンしたりもしています

今日はUV樹脂のアクセサリーをご紹介します。


息子の小学校でのバザーも頭の片隅にあり、久しぶりにUV樹脂でいろいろ作ってみましたー

去年まではネックレストップや指輪など、フレームのあるものに樹脂を流してアレンジを楽しんでいましたが。
今年は型を購入~
早速手作り開始です
IMG_1155 (500x500)

他の樹脂と違ってUV樹脂は混ぜる手間がなくて簡単~
あっという間にできちゃいました

丸い型のは、後ろにゴムを通せる用に部品をくっつけてあるので、ゴムを通してヘアゴムにします
指輪は夏にむけて涼しげなものを作りました
IMG_1174 (500x500)

ヘアゴム1つアップ
IMG_1157 (500x500)

こちらは同じ作りのものだけど・・・
モモちゃんへのプレゼント
IMG_1160 (500x500)

私の実家の新しい家族、モモちゃん
IMG_1175 (500x500)

つけてくれました

他には~
IMG_1172 (500x500)

青いもの

林檎

IMG_1173 (500x500)

林檎はこんなに沢山作りました
アップルミュージアムの販売コーナーに置かせていただいている、商品が少なくなってきているので、こちらも近々出したいと思って作ってみました
宜しかったら手にとってみて下さいネ

大胆な色使いの作品

生徒Oさんの作品です↓

IMG_1139 (500x441)O

ちょっと休憩の作品でしょうか!?
大きな作品に取り組んでいると、息抜きに短時間で作れる作品を作りたくなりますよね
もちろん息抜きで作り始めた作品も、一生懸命作って愛着あり ですけどね

大胆な色使いの作品になりました
夜のイメージでしょうか。
小さな星が可愛らしいです

林檎のシャドーボックス No3

生徒Uさんの作品です↓
20147U1 (500x500)

素朴な絵。シンプルなシャドーボックスですね

だけどとっても丁寧に作ってあるのがわかります。
籠のところはパーツを重ねて、より立体的に作られてて
リンゴもできるだけ丸みをつけ、林檎らしく表現されていますね

実は果物の中でも、林檎って形を作るのが難しいと思うのですよ!
丸ではあるのですが、頭の枝の付いている箇所や、お尻のくぼみが凹んでいるでしょう!?
そこが曲者で!
実は丸くしたいのだけど、凹ませなければならない

私は 丸み:凹み を 7:3 くらいで作っています。

夏っぽいシャドーボックス

夏っぽいシャドーボックスを集めてみました
私のもあるし、生徒さんのもあります♪
201462 (500x500)
20146Y1 (500x500)
20146Umoon2 (500x500)
20146H1 (500x500)
20146W2 (500x500)
image (1) (500x500)
IMG_0121 (300x400)
PICT0009 (300x400)
P1240001 (300x400)

今日は風もなく、蒸し暑く、ちょっとイヤになってしまいました
でも元気になるようなハッキリとした夏の景色や、美味しいもの夏のレジャー、子供たちのはしゃぐ声♪
夏の良いところも、たくさんありますよねー

夏バテせずにがんばりましょー

クリスチャン・ラッセン orcas over No3

夏のシャドーボックス第5段

私(湯本)の作品です↓
201461 (424x500)

1年ほど前に作ったものです
今年も良い季節になったので、奥から出して見える処に飾っています
ぞくぞくと完成する、夏らしい生徒さんのシャドーボックスにつられて、以前にも紹介しましたが、私の作品もUPしてみました

でも今年少しだけ、手を加えた処が!
遠目ではわからないのですが、気泡や水滴を新たに付け加えてみたんです

201462 (500x500)

201463 (500x500)

ずっと眺めていると・・・ここもう少しこうしてみようかなぁって箇所が出てきます。
そんな時も自分で作ったものなら、手を加えられます
クリスマスツリーの飾りなんかは(シャドーボックスの話です)毎年増えて豪華になっていってしまうほど(笑)

今回は透明な気泡と水滴をプラスしただけですが、いっそう雰囲気が出て満足です~

大野千代さん ダイビングワン

夏のシャドーボックス第4段

こちらは大野千代さんの絵を使ったシャドーボックスです。
素敵な動物を沢山描かれている大野さん。
とりわけこの犬のシリーズは、愛嬌があって可愛らしいです

生徒Wさんの作品です↓
20146W1 (500x500)

Wさん、シャドーボックスをすかり自分のものにした様子で
こちらのプリントもテキストにないパーツを、独自に切り出して使っています
オリジナルティが出るし、珊瑚のところや小魚のところなんかはボリュームが増して良いですね

20146W2 (500x500)

装飾に本物の貝殻や、キラキラビーズを使って海の中の鮮やかな様子を表しています

モアヘッド 波打ち際でフラダンス

夏のシャドーボックス第3段!

生徒Hさんの作品です↓
20146H1 (500x500)

シンプルな白い額がラフで本当にイイ感じ
額の左右にハイビスカスを付けました
額の中からハワイの海風が吹いてくるみたい~
風になびく髪やレイの表現も見事ですね

女の子の母だから出来た!?この腕や脚のムチムチ感
可愛いです~
20146H2 (500x500)

背景はHさんが考えたオリジナルのもの
そこへ!またまた登場!!ピュアクリスタル
海面へ薄く塗って、指で波跡をつけています
波打ち際は(前回の波しぶきのように楊枝でツンツンするのではなく)指先で細かくトントンすると雰囲気が出ますよ

ピュアクリスタルを使った表現の使い分けも、だいぶ習得してきたHさん含め生徒さん達です

クリスチャン・ラッセン orcas over moon No2

夏のシャドーボックス第2段

前回と同じプリントですが、作者が違います。
同じプリントでも、額選びの違いや、シャドーボックスそのものの作り方の違い(奥行きの出し方や形の作り方の違い)で雰囲気が変わるシャドーボックスです。
そんな点で見比べてみると面白いですヨ

生徒Uさんの作品です↓
20146Umoon2 (500x500)

落着いた色合いで涼しげなブルーの額を選んだUさんです
ゴールドの淵が夕暮れ時とリンクしていて絵とピッタリですね

海面とシャチから出る水しぶきにはピュアクリスタル(透明度の高いボンド)を使って水を表現しています
海面には指で薄く延ばすように塗って。
水しぶきの箇所には、楊枝などを使ってピュアクリスタルを上や下に延ばしながら、しぶきの形を作っています。
ピュアクリスタルはこちょこちょといじっていると透明度が薄れ、白っぽくなってくるので、一回で思う形を作れるとイイですね

20146Umoon1 (500x500)

UさんのGOODポイントは壁の選択でしょう
こちらのプリントはアルミ箔タイプのものなので、普通の紙よりも表面がキラキラしています。
それに合わせて壁もキラキラ素材をチョイス
統一感がありますね。
それに空のブルーが壁に反射してとってもキレイです
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR