ハイビスカス好き

生徒Uさんの作品です↓

image (500x500)

どうやらハイビスカスを全て制覇するらしい
こちらのハイビスカスの他にも、赤いハイビスカスともう少し赤みがかったハイビスカスのプリントも購入されていました。

今回の作品は奥行きの取り方が納得できなかったようで。
只今制作中のハイビスカスでは、その点を注意しながら制作されています
image (1) (500x500)

沢山作品を作られるUさん
以前は簡単な作品を数多く作成されていましたが。
D額サイズの細かな風景の作品を完成させてから、作り方が少し変化したと思います。
丁寧になったと言うか、作品の全体をとらえるようになったと言うか、絵柄をより深く観るようになったと言うか。。。
チョッとづつ色々なんですが・・・だから作品のクオリティが上がったと思うのです
スポンサーサイト

゛みんなでわらう゛プリントキット

こちら私の色鉛筆画゛みんなでわらう゛をシャドーボックスにした、湯本千絵オリジナル作品

P9070118 (500x375)

前々から「キットにして欲しい」と言う声がとどいていました。
ありがとうございます~
ですが…展示会だイベントだ季節のシャドーボックスだ初心向けシャドーボックスキットだ、そして日々のレッスン
とバタバタ過ごしているうちに時が経っていました
すみません

P9070119 (500x375)

ですが、4月のシャドーボックス・ラ・マーニ作品展にこちらの作品も出展したところ
とっても反響があり(ありがとうございます
たくさんのキット化への声をいただきましたので
ついに
キット制作へ動き出しました

まずはテキスト作り
私がシャドーボックスを作った時はなんとなく作っていたので、テキストがなかったのです。
まあ、もしもテキストを作っていたとしても、自分用のテキストなんて大ざっぱでとても他の人が見て見やすいものではありませんから、作り直さなければなりません。

一応テキストが完成しました
tekisutosakusae (2) (500x500)

本当にこのテキストで穴がないか。作りにくいところはないか。
コピー用紙で試しに作ってみます

確認用ですから作りもかなり粗いです~
裏ダンボールだしね(笑)
tekisutosakusei (4) (500x500)

全部パーツが乗りました。
なから良かったですが、ちょっと数字の間違いがありました。
確認用を作ってみて良かったです
tekisutosakusei (3) (500x500)

私の作った゛みんなでわらう゛は大きなサイズのものでしたが。
これだと額も特別なものを購入しないと作れないので、少しサイズダウンしました。

おおよそA4サイズのもので。
シャドーボックス用のF額(マット内枠24センチ×19センチ)にピッタリです

色ももう少し濃いほうが良いとのアドバイスが多かったので少し変えてみました

さあ!いよいよ出力
と思ったら!

最近プリンターとパソコンを新しくした私。(←増税の影響じゃないよ)
もともと10年も使っていたものがいよいよダメになってきて・・・
イラストレーターもフォトショップも右に同じ
アップグレードもしてませんでした

゛みんなでわらう゛原画は古いほうに取り込んでいたので・・・新しいもので出力しようとすると問題が
機会にウトイ私
いろいろやっていろいろやって

や~っと~!!完成~
出力が上手くいかず「出来ない~」とパソコンと格闘すること丸2日。
苦労しました~
イヤだイヤだと思っていたからでしょうか…知恵熱まで出してしまって(笑)
tekisutosakusei (500x500)
でもでも完成です
2部作ってみました

「みんなでわらうキット」6枚1セット。テキスト付き。
2,780円です。

バラで1枚430円でも販売いたします。
でもバラの場合は5枚から注文可です。

作ってみたい方がいらっしゃいましたら連絡下さい
※こちらのプリントの販売は私個人と、シャドーボックス・ラ・マーニでしか取り扱っておりません。

ウサギのお雛様

生徒Mさんの作品です↓

赤い和紙で華やかに
四隅の金色が効いていて良いですね

赤と金と額の茶が相性が良く、色使いの素敵な作品です
IMG_0886 (500x500)

私の実家では母が、妹と私がお嫁に行った後も、毎年私達のお雛様を飾っていました。
実家に帰り、飾ってあると、ちょっぴり懐かしく嬉しかったものです

弟に長女が生まれ、今年からは彼女の真新しいお雛様が
やはり実家に帰るのが楽しみです♪

パンジー

生徒Yさんの作品です↓
IMG_0879 (500x500)

私はあまり選ばないのですが、黒のバックってシャドーボックスが映えますよね
生徒さんの作られた作品を見て、いつもイイナと思うのですが…私自身は未だ作ったことありません

作品の後ろにわずらわしい物が何もなく、作品が浮き出てくるように見えます
黒バックファンは多いですよね♪

IMG_0882 (500x500)

シャドーボックス・ラ・マーニ作品展

先日終了した゛みなとみらいのラ・マーニ展゛

本当に残念な事に!本当に申し訳ない事に!
私は会場へ行けなかったのですが!!

展示会へ行ってきた生徒さん。
いらして下さったお友達。
ラ・マーニの石井先生。
また私達がプリントや額を、ご利用させていただいてるシンセリティーの方。
からお話をいただきまして。

展示会は大変大盛況で、土日は本当に嬉しい悲鳴の人人人だったそうです
7日間の作品展で記帳された方だけで2000人を超えたそうです

そんな作品展にこちらの教室も参加できて、良かったなぁと思います

そして夢は地元でも、そのくらいお客さんを呼び込めたら!嬉しい!なんて


シンセリティーの楽天ホームページに゛シャドーボックス・ラ・マーニ作品展゛の様子が紹介されています↓
http://item.rakuten.co.jp/sincerity2/c/0000000462/

フラワーフェアリー

初々しい作品が続きます

こちらも前々回同様、2作品目の作品
偶然にも同じプリントでのシャドーボックス作品です

生徒Tさんの作品です↓
IMG_0885 (500x500)

まだ、制作手順だけで頭がいっぱいかとは思いますが
私に横から「こうしてみたら。。ああしてみたら(笑)。。」と声をかけられ

「大丈夫ですか~?着いてきてますか~?しんどくはないですか~?」(笑)

頭をさらにいっぱいにさせている先生ですが、優秀な生徒さんのおかげで素敵な作品となっております

生徒さんには、楽しく作っていただけたら一番です
上手くするのは私の役目(頑張ります

パンジーの妖精

シャドーボックス初心者の生徒さん
レッスン以外で、お家で作ってこられた作品です
お一人で作った初めての作品です

生徒Nさんの作品です↓
IMG_0869 (500x500)

しっかりと作られていて、私は嬉しいです~
シャドーボックスのバックに台紙ではなく
額の底と壁の部分に、鮮やかなグリーンの布を貼り、統一感があり素敵です。
オリジナルを盛り込んで、基本から段々と自分らしさが出てきて良いですね

フラワーフェアリー

生徒Oさん2作品目の作品です↓
IMG_0870 (500x500)

一度体験でシャドーボックスを作っているので、流れは分かっています。
次はどんなものを作っているのか感じながら作って欲しいと思いました。

葉っぱや枝。顔や腕や脚やお腹。。。
カットや丸め方、ボンドのつけ方。
全部同じでも、シャドーボックスは完成します。

葉っぱや枝。顔や腕や脚やお腹。。。
素材は同じ紙であっても、作ろうとしているものは質も形も違うもの。
ですから、作り方も全部違ってくるのです。

葉っぱなら葉っぱの形、柔らかさ。
腕なら腕の形、柔らかさ。
そんなのを考えながら今後シャドーボックスを作っていってもらえたらなぁと
2回目のレッスンをさせていただきました。

2014.4.5~10 シャドーボックス・ラ・マーニ作品展

゛横浜のみなとみらい ギャラリーB゛で開催されているシャドーボックス展の写真が届きました~

今回の展示会には作品だけの参加で、私自身は会場にすらいけないと言う状況なので
ラ・マーニの主宰者で、私の先生の先生。石井百合子先生が写真を送って下さいました
雰囲気だけでも味わうことができて、とっても嬉しいです~

期間の折り返し地点の3日間で500人の方が来場下さったそうです。
凄いですね~

では会場の様子をご紹介します↓
CIMG07500001.jpg
(あ 左上の白い額は私の作品です その横のお花のシャドーボックスは石井先生の作品です

CIMG07810001.jpg
CIMG08270001.jpg
CIMG08500001.jpg
(テーブル中央のコンポートは共同作品です)
先生の用意して下さったお花と葉っぱのシャドーボックスを、参加者は一人3つづつ作り、
作品展の前に、先生のところに送っていました。
私も完成したものを写真で初めて見ました
こんな素敵になっているなんてそして半立体の普通のシャドーボックスではなく、後ろから見ても横からみても完璧な立体作品だったなんて驚きです

作品展でがんばってね

横浜゛みなとみらい゛ギャラリーBで開催中の゛シャドーボックス・ラ・マーニ作品展゛

アエリーのシャドーボックス工房からの出展作品4品です↓
IMG_0681 (500x500)
Mさんの作品。

IMG_0852 (500x500)
Uさんの作品。

IMG_0856 (500x500)
湯本の作品。
原画は大野千代さん。 タイトルは「オアシス」

P9070122 (500x375)
湯本の作品。
原画も自分(湯本千絵)が描いたオリジナルのものです
タイトルは「みんなでわらう」

カワイイ作品達今頃はギャラリーに展示され、
ライトに照らされ、お客様を迎えているのかなぁ
たくさんの方に楽しんで観ていただけてるとイイなぁ
作品達「がんばってね

灯台のある風景

こちらも只今、横浜のみなとみらいで開催中の
゛シャドーボックス・ラ・マーニ作品展゛の出展作品です

生徒Uさんの作品です↓
IMG_0852 (500x500)

素敵ですね
とても立体感があります。
奥から手前へと不自然な箇所がなく続いている小道は、
まるで自分が、海沿いを灯台に向かって歩いているようで、気持ちがイイです
IMG_0853 (500x500)

作品を作る前は「文字は取らなくてもいいよね!?」(カットして貼り付けなくともいいよね)
と言っていたUさん
そりゃ、言いたくもなりますよね。。。だって細いし細かいもの

でも中盤あたりから「やっぱり一文字づつカットは大変だけれども、文字も立体になっていた方がいいから、
単語づつ取ろうかな」
と言い始め。。。

結局は小さな細い文字を一文字一文字カット。
丸みをつけ。
貼りました!

アーティストですね~

こんなことまでするのは面倒だよ~
って思ってはみても
結局良いものが作れそうなら、面倒でも手をかけてしまうんですよね

その手間で作品のグレードがあがりました
手をかけ、心を込めて、作った作品は素敵です

はるちゃんのぼうけん

今日から始まりました゛シャドーボックス・ラ・マーニ作品展゛


2014年3月5日(水)~3月10日(月)
11時~17時(最終日は15:00)
入場無料

みなとみらいギャラリーB(クイーンズスクエア横浜2F)
横浜市西区みなとみらい2-3-5


アエリーのシャドーボックス工房からは私を含め3名が出展しています~
お近くの方は是非観にいって下さいネ

今日、ご紹介する作品はその出展作品です
生徒Mさんの作品です↓
IMG_0678 (500x500)
゛はるちゃんのぼうけん゛とってもカワイイです
丁寧に作られているのが分かります。

IMG_0681 (500x500)
海には月明かりのラメを
文字はパソコンで打ちプリントアウトしました。

はるちゃんはMさんのお孫さん
展示会へ一緒に行かれて、そこではるちゃんへお披露目するそうです
こんな名前入りのものを作ってもらったら、とっても嬉しいですよね
きっと喜んでくれるのではないでしょうか

私も展示会へ行きたかったのですが、今回は行かれず
Mさんにたくさんお話を聞きたいと思います~

コンセントカバー

今日はコンセントカバーのデコパージュをご紹介します

これ自宅の夫の書斎です↓(コンセントカバーは外した状態)
このお部屋に真っ白なコンセントカバーは目立つらしく
白以外の色にして欲しいと要望がありました
IMG_0861 (500x500)

相談の結果!
このライスペーパーを使うことに
私の持っているライスペーパーはお花とか木のみとかウサギとか・・・そんなのバカリで
消去法の末
IMG_0862 (500x500)

デコパージュをした事がない方は、ごめんなさい!
今回は作業過程を写真に映すのをわすれてしましました

デコパージュ後
IMG_0863 (500x500)

こんな風になりました↓
IMG_0865 (500x500)

チェリーとチェリーパイ

生徒Nさんの作品です↓

ちょっと大きな作品にステップアップしたNさん
パーツ数が多くなり。
゛差し込む゛などの貼り重ね方が出てきて悪戦苦闘しておりましたが

素敵な作品が完成しましたー
IMG_0837 (500x500)

上段のチェリーの絵と、下段のパイの絵ではパーツの大きさに違いがあり
シャドーボックスとして全体の高さのバランスをとるのが難しいと思ったのですが、
上手く空間をとり、バランス良く仕上げています

IMG_0835 (500x500)

前回ご紹介した゛林檎と調理台゛のNさんと
Nさんはお友達

お二人揃って完成させた、それぞれの作品は市の文化祭へ出展されるそうです
文化祭に間に合うように一生懸命制作されていました
製作期間が短かったので間に合うかなぁっとヒヤヒヤしましたが
りんごの湯教室と自宅教室を掛け持ちしていただき、しっかりと間に合いました

来週の土日が文化祭です
沢山の方が訪れますように
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR