アクセサリー講座

西部公民館で企画してくださったアクセサリー講座
講師として行ってまいりました~

アクセサリーは本業ではありませんが
UV樹脂を使った簡単なアクセサリー作りはたまに講座を開いております。

私がUV樹脂を使い始めたきっかけは、シャドーボックスを観賞としてだけでなく実用的な使い方ができないか考えて。
シャドーボックスをアクセサリーにしちゃおうと思ったからです

ところが小さなシャドーボックスをたくさん作ってアクセサリーにするのは、とても大変!!
手間はかかるし、面倒だし

でも作ったものを見せると皆さんやってみたくなるんですよね
ただやはりシャドーボックスを作ってからそれを固めてアクセサリーにするのは・・・面倒なようです。

で、あれこれとやってみて結局残ったものは・・・
普通のアクセサリーフレームの中にシールや小物パーツを並べて作る、一般的なUVアクセサリー作りでした
それももちろん楽しいです~
シャドーボックス抜きにして、私もたまに作って楽しんでいます

講座でもアクセサリーを作る皆様の様子は、大人から子どもまで楽しそうで私も嬉しいくなります

なので今後もご要望があれば、私の各教室でも、短期の講座でも、アクセサリー作りはやっていこうと思っております


さて話が長くなりましたが、昨日の講座の様子をご紹介します~

IMG_0346 (300x300)
小学生のお子様とそのお母様での参加が主でした

思い思いのデザインを考えフレームに乗せて~
慎重に慎重にフレームから垂らさないようにUV樹脂をかけて~
UV液なので紫外線に当てて固まったら出来上がりです~

素敵な作品がこんなにたくさん~
IMG_0347 (500x500)
IMG_0351 (500x500)
IMG_0352 (500x500)

西部公民館スタッフ様、参加くださった受講者様、ありがとうございました
スポンサーサイト

ポインセチアのフラワーアレンジ

生徒kさんの作品です↓
まだ初めて間もないkさんです。
以前はシャドーボックス制作に自信がなくて、ボンドでパーツの高さを出すのが苦手でした。
どの位高くしてよいのか分からなくて、手で押さえてしまうんですよね
しかし♪こちらは5作品目
段々と奥行きを感じられる作品となってきました~
IMG_0345 (500x500)

器の丸みも上手く表現されていて、素敵な作品です

ちなみに~
このプリントはポインセチアなどが飾れれた、一応クリスマスのフラワーアレンジの絵柄です
でも「クリスマスの絵柄だよ」と言わなければ今からでも飾っておけるような感じですよね
ってkさんがおっしゃっていました~
ありだと思います~

オリジナル干支のシャドーボックス

干支のシャドーボックス用プリントを作ってみました~♪
イラストは私の描いたオリジナルのものです
皆様気に入ったら是非これでお正月飾りを作ってみてくださいネ♪
IMG_0343 (500x500)
お正月のプリントってシャドーボックス用に印刷されたものが少ないので
ハガキなどからシャドーボックスを起こすことが多いです。
でもハガキって厚みがあって、カットや形作りが硬くて大変なんですよね

お正月のシャドーボックスを作りたいけど、
年中飾っておけるものと違うので制作時間は短いものがよい。
とか
市販のお正月のプリントは厚みがあるので硬くて制作が大変。
など
声が聞こえたものですから

作りやすい♪ 干支のシャドーボックスプリントがあればと思い描いてみました

こちらのプリントはカットしやすい厚みで。
初心者でも簡単に作れるようなプリントを作ってみました

和風模様のお花も使うかなぁと思って入れてみました
文字も使うかなぁと思って空いたスペースに入れてみました

IMG_0341 (500x500)

制作時間4時間↑
ものすごい単純な絵柄なのに、思ったより時間がかかってしまった
12匹もいるからかな
でもイイ感じです
今回は手軽に100円ショップのお盆の上に作ってみました

ちなみに♪1枚400円 にしようか考え中~♪

果物

食欲の秋を連想させますね~(笑)
前回に続いて、今回も果物の作品のご紹介です。

生徒Wさんの作品↓
IMG_0325 (500x500)

どの果物も丸くて熟れてそう
みずみずしい果肉タップリ
美味しそうに表現されていますねー

一定に丸めているだけではなく、カットされた果物の表情も豊かで良いです

IMG_0323 (500x500)
シンプルな白い額に入れました↑

紫の葡萄のパーツが少なく平面的になってしまったので、使っていない箇所からご自分でパーツを取り出し、ボリュームを出したそうです

オレンジ

生徒Oさんの作品です↓
IMG_0327 (500x500)

先週完成していて、最後の壁立てがまだでしたが、
壁立ては、ご自宅でされてきました

確か壁立て2回目のOさんですが、隙間もないし、裏側もとっても綺麗でした(裏は綺麗じゃなくてもかまわないんですけどね(笑)
しっかりと確実にこなすOさんらしいなぁと思いました

このオレンジで取り組んだ課題は。。。
大きなパーツの丸みつけ

大胆な奥行きのとり方

中央の大きなオレンジ、まあるく艶もあって美味しそう
輪切りのオレンジもみずみずしい果肉がぎっしり詰まっていて、本当に美味しそう
食べ物のシャドーボックスを作って、美味しそうに仕上がったら、大成功です

大胆な奥行きのとり方も、奥の葉と前の葉がハッキリとしており
葉の密集した重みと動きが表現されていてgood

お正月に向けて

気が早いですか(笑)?

でも今お正月に向けてのプリント&作品見本作りに励んでおります

お正月や和風のシャドーボックス用プリントはどれも素敵なものばかりなのですけど。
専用に印刷された物がほとんどなく。
ハガキなどが利用されているので、紙がとにかく分厚い!

私はよいのですが。。。やっぱり少し手が痛くて大変かな
生徒さんの中にはハガキからの制作に抵抗のある方も多いです。



なので今年こそは゛カットしやすい薄い紙&短時間で手軽に出来る゛お正月用のプリントを作り出そう!

ということで。

干支のイラストを描いてみました
IMG_0306 (500x319)

オリジナルのプリント作りスタートです

自分が作りたくなるイラストを目指して!
生徒さん達に喜んでいただけるシャドーボックスプリントを目指して!
作ってみます。。。

キット化ご期待下さい~



展示会からうまれるもの

IMG_0309 (500x500)
P1030386 (300x400)

今日アエリーのシャドーボックス工房に入会(入会と言ってもお名前と連絡先を伺うだけ~もちろん無料です)して下さったKさん。

お話を伺うと。。。

何年か前、私は生徒さんと、中野陣屋・県庁記念館で教室の作品展をやりました。
Kさんは、その時の作品展へ出かけてくださり、初めてシャドーボックスを知ったそうです。
「それは素晴らしくて感動した」と当時を思い出して、おっしゃって下さいました。

作品展以来、シャドーボックスを習いたいなと思い続けていたKさん。
ですが携帯もネットも使わないそうで、調べようがなかったそうです。

そして今から5ヶ月まえ市の広報誌で、福祉センターのふれあい講座に゛シャドーボックス講座゛が載っているのを発見!
すぐに申し込んだそうです。

6月から8月までの3ヶ月間の講座でした。

初めてのシャドーボックスはとても楽しかったそうです

そして今日♪自宅教室へ
1日の体験教室や、短期の講座では出来ない技術的なことも交えた作品作り。
楽しんでいただけたみたいです


展示会でシャド、ーボックスと出会い、ふれあい講座で体験をして、アエリーのシャドーボックス工房のメンバーへ。
点で始まり、線でつながり、そこから線を太く長くしていくのでしょうね

突然のご縁も素敵です。
でも点から線になるご縁は、思いが形になった不思議なご縁のように思えました


写真はとくに関係ありません
あえて言うなら!載せたかったから!!
うちのマナちゃん(オス)です

樹脂のリース

来年3月の横浜での展示会(また近くになったらお知らせいたしま~す)で、共同作品を作るのですが。
パーツが余りましたので・・・
(余ったパーツをグリグリ丸めます↓)
IMG_0220 (500x500)

それと。。。

けっこう前!春かな(笑)
ご近所のトールペイントが好きなママ友と一緒に、私は人生初のトールペイントをしました
・・・トールペイントまがいかな(笑)
彼女は先生ではないし、二人でおしゃべりしながら楽しんだだけなので・・・私のは本当に・・・
手本などなく、木の板に適当に自分でイラストを描いただけですから~・・・作品は温かな目で見て下さい。
プラーク(木の板)↓
P5220220 (500x375)

人生初のトールペイント(笑)↓
P5220219 (500x375)

ずーと前に描いたトールペイント と 余ったパンジー!
二つを合体させて~

IMG_0221 (500x500)
一つの作品にしてみました~

偶然なんですけど、色の雰囲気が似ていてとっても合う~

このままでは少し寂しい気がしましたので
ラインストーンをくっつけます
IMG_0223 (500x500)

IMG_0225 (373x500)
キラキラが加わっていい感じに~

エンビロスライト(樹脂)をかけて2日間。。。
樹脂が固まったら完成です~
IMG_0257 (500x500)
パンジーと蝶のリースできました

にっこりピエロ

自宅教室です
IMG_0142 (500x500)

小さなピエロの男の子を作成中
ベルトの金具を付けています。
ボタンや金具、細かな作業ですね~
IMG_0143 (500x500)

完成~
生徒Hさんの作品です↓
IMG_0281 (500x500)
すっごくカワイイ
Hさんは、ここのところメキメキと表現力を上げてきています
帽子やお腹をふっくら作ったり。
襟元のボリュームをたっぷりとつけたり。
サイズのあってないな大きなズボンの表現を、お腹とズボンの間隔をとるとうい形で表現しています

やさしい木の額に入れました
IMG_0282 (500x500)

第4回シャドーボックス展 ~SHADOW BOX ART EXHIBITION in japan 2013

第4回シャドーボックス展

日本最大規模の 「シャドーボックス展」 開催いたしますーー
IMG_0285 (500x500)

2013年 10月 21日(月)~24日(木)

ホテルグランヴィア大阪 鳳凰の間・桐の間
〒530-0001 大阪市北区梅田3丁目1番1号
Tel 06-6344-1235
(JR大阪駅構内とつながっています↓)
IMG_0288 (500x500)

入場無料

10:00~18:00まで (最終日は17:00まで)

シャドーボックスは数枚の絵から、パーツをカットし、重ね張り合わせることで生まれる、立体額絵です。
国内外の総勢145名の作家さんのシャドーボックスが展示されます
大好評の第4弾開催

繊細で迫力があって、絵の中に引き込まれてしまいそうな表現豊かな芸術作品を是非ご覧下さい。

私も参加しております
たくさんの作品の中から私の作品も観てきていただけたら嬉しいです

湯本 千絵

カワイイお店屋さん

生徒Aさんの作品です~↓
IMG_0271 (500x500)

とってもパーツが小さくて細かな作品
可愛らしいお店の中には、洋服や雑貨がいっぱい並んでいて、それを一つ一つ貼りました。
たくさんの小さなパーツに加えて、建物の中、建物、建物の外、と空間の取り方にとても苦労されていました。

出来上がるまでに時間もかかるし、進まない作業に、途中ヤになってしまう事もありましたよね

でも出来上がりました~
すっごく良い出来栄えです

ピンクの額に入れました
IMG_0272 (500x500)
写真だとちょっと色が薄くなっちゃいました。
薄いピンク色ではありますが、もう少し色が付いている額です。

中のマット(額とシャドーボックスの間にある紙)は2枚重ねで、1枚目が白。2枚目が額と同じ薄いピンクです。

このままでも、フンワリ優しい感じのする可愛らしい雰囲気ですよね
でもAさんのイメージとは少し違ったようです。


マットを変える場合は
1、額屋さんへ行って好みのマットを切ってもらう。
2、マットの色を塗りかえる。

色だけならマットをわざわざ購入するまででもないので 2を提案させていただきました

2の方法も色々あります。
1、マスキングテープを貼る。
2、布やレースを貼る。
3、シールやスタンプをで飾りつける。
4、絵の具で塗る。

今回は 1のマスキングテープで色をかえてみることにしました

Aさん選んでおります↓
IMG_0274 (500x500)

イメージは赤い色だったのですが
いざたくさんのマスキングテープを目にすると
青もいいかな迷っちゃいますよね

で、けっきょく赤い色のマスキングテープに決定
IMG_0275 (500x500)

2枚目のピンクのマットにマスキングテープを貼り付けます。
一巻きでよいですよ。

完成
IMG_0283 (500x500)

赤いマットになって中のシャドーボックスが引き立ちましたね
Aさんもイメージど通りになってとっても喜んでいました

薔薇のシャドーボックス

生徒Mさんの作品です↓
IMG_0270 (500x500)
Mさんの2作品目の初々しい作品です~
籠の編目をエンボス加工しました
籠は一枚のパーツですが、すごく立体的に見えます~

パーツの隅々にまで手が加えられていて、丁寧に作ったのがわかります

白の食器

生徒Uさんの作品です~↓
IMG_0263 (500x500)

Uさんは比較的パパパパーーと作品を仕上げてくる生徒さんなのでしすが
こちらは数ヶ月かけて作られた力作です~

後ろの黒板やラフに重ねられたカップが、ほっとさせる空間の絵です。
陶器でしょうかね?
白色の食器が、モデラーで綺麗に丸められ、ツヤが出て本物のよう
とっても素敵ですー
IMG_0264 (500x500)

こちらの額にいれました↑

子ども部屋のクマさん

前回壁立てのコツを少し紹介いたしました
その時写真に登場してくださったのはYさんでした↓
ありがとうございました
IMG_0246 (500x500)

今日はYさんの作品を紹介したいと思います
IMG_0248 (500x500)
作品の四方を壁で囲って、最後の仕上げ゛壁立て作業゛完了~
黄色い壁でアクセントをつけました。

IMG_0250 (500x500)
額に入れて完成で~す

こちらの作品はとっても細かなパーツの多い作品で、カットは大変だったと思います。
パーツ数も小さく多いので、重ねても重ねてもなかなか完成に辿り着かない、根気のいる作品です。

Yさんは丁寧にこつこつと作品を作っていました
床に散らばった無数のビー玉なんて本当に小さくて
でも細かな作品と言うのは、完成した後いくら見ていても飽きない作品となると思います

とっても可愛らしく仕上がりました
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR