今年もあとわずか

今年も゛アエリーのシャドーボックス工房゛をありがとうございました。

今年はまた一つシャドーボックスのできる教室を増やすことができました。
展示会で。作品を見て。友達から。シャドーボックス体験で。。。
さまざまなご縁があり、生徒さんの数も少しずつ増えました。

まだまだシャドーボックスを知らない方が多い長野県で、たくさんの人にシャドーボックスを知っていただき、
たくさんのシャドーボックス愛好家さんと共にシャドーボックスを楽しむのが私の密かな目標です。
来年もこの目標は続きます

皆様に支えられている゛アエリーの゛だと感謝の気持でいっぱいです。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を!
スポンサーサイト

招き猫

前回の続きです。
前回作っていた黒猫ちゃんは。。。
PC050316 (500x375)
こんな風にふっくら丸みをおびました~

さて、実は私、生徒さんにお出しする年賀状を作っていました
毎年簡単なものではありますが、シャドーボックスを1点作り。
それを写真に撮り、パソコンで年賀状に加工しています。

もう郵便局に出してきました
お手元に届き、新年の挨拶ができるのが楽しみです

年賀状は楽しみにしていてもらって。。。
完成したシャドーボックスはこちらです。
PC050315 (500x375)
かしこまって正座した招き猫とダルマさん!
PC050314 (500x375)
額に入れるとこんな感じです。

お気づきですか?
そうです。
皆さんで作ったお正月飾りの、あまったシールを沢山貼ってみました。

完成したこのシャドーボックスは妹のお宅へ貰われていきました~

招き猫

さてさて毎年恒例のアレを今年も作りました

蛇でコレだ!ってモノが見つからなかったので、招き猫にしました。
いっぱいカット
PC050308 (500x375)
カットしたてのパーツです。
慣れですが…丸いラインはカッターの刃を途中で止めないで、動かしながら切ると滑らかな切り口になります。
ツイやってしまいがちですが…一通りカッターの刃をあてた後でも所々カットしきれていなくて、つながっている事があります。その際無理に引っ張って取り外してしまうと、毛羽立ちますので引っ張らず、再度カッターをあててシッカリと切り離したほうが良いでしょう。

さてカットしたものをモデラーにかけます。
淵に丸みをつけるのです。
PC050312 (500x375)
この段階のパーツって淵だけが丸みを帯びていて、まだ未完成のもの。
でもなんとなく好きです

ここから顔やお腹などに丸みをつけ、表情をだし、ノリをつけ、重ねて貼っていきます。
完成品は次回。
PC050313 (375x500)
額にもシールで装飾しちゃいました♪
かなり楽しい感じに仕上がっています♪

十人十色 2013お正月飾り 2

大掃除・・・イヤデスが。
この機を逃したら、また一年間やらなくなるので・・・頑張っています。
ただ一気にはできないので毎日1~2箇所に絞り進めています。

午前中は自宅教室のレッスンに使っているお部屋を大掃除。
午後は家中の窓拭きをしました。

実は自宅教室の方は(普段から一応キレイにしているのを言い訳に)去年大掃除をしませんでした

マッキントッシュ(パソコン)の中や棚の後ろなど、2年分のホコリを回収~。
床もガラスもピカピカでキレイになって気持ちもスッキリ
だけど、必死に磨いて腕と背中が痛いです

大晦日まで続くお掃除ラッシュ。
今年の汚れを来年に持ち越さないよう頑張ります。


さて、お正月飾りの紹介の続きをしましょう
生徒Hさんの作品。
小さな絵柄が中央の来年の干支をぐるっと取り囲んだ、調和(輪)のとれたお正月にピッタリの作品。
121204_1120~01

生徒Mさんの作品。(Wさんと間違えていたら、ごめんなさい
中央に干支!お正月らしい小物!ハッキリとした配置!お正月らしさ満点。
121204_1121~02

生徒Wさんの作品。(Mさんと間違えていたら、ごめんなさい
メインの干支を中心からずらした配置で遊び心のある作品に。
121204_1121~01 (1)

上から生徒Mさんの作品。
等間隔で小さなパーツを上手く貼れています。クルクルッと丸めたお花の付け根が可愛らしい。

左下。生徒Uさんの作品。
オレンジのサクラ柄にヒダを付けて扇のようにしました。アイディア賞。

右下。生徒Hちゃんの作品。
左右の゛おしし゛でバランスをとったところがお見事。
PC020297 (500x375)

生徒Aさんの作品。
たくさん並べましたが、上に空間を空けることで見事にまとめました。
PC020299 (500x375)

生徒Oさんの作品。
あえてメインとなるものを置かず配置は難しかったと思いますが、バランス良く女性らしく仕上げました。
PC020301 (500x375)
(写真が大小してしまって、すみませんでした。)

皆さん、とても素晴らしい作品を作ってくださいました。
メインとなる干支が2種類。
あとは同じ素材の中から、それぞれ組み合わせてもらいましたが
同じものを使っても十人十色
こんな風になるんだ!と私もそれぞれに驚きを感じ、大変楽しい制作テーマでした。

それぞれのご家庭で新年に飾っていただけたら嬉しいです。

十人十色 2013お正月飾り 1

クリスマスの飾りを片付けました。
クリスマスが終わると、年始まで家と格闘(掃除)の日々。。。
はあ、ため息がでちゃいます。
普段から綺麗にしておけば良いのですけどねぇ。

ボヤキはこの位にして
12月に2013年のお正月飾りを生徒さんと作りましたので、ご紹介したいと思います。

普段私の教室では自分の好みのプリントでシャドーボックスを楽しみます。
ただ年に数回、希望者のみですが、皆さん同じ素材を使って制作する時があります。
こちらのお正月飾りはその一つ。
PB170248 (375x500)
これは以前(みほんが出来たよ~と)紹介した私のもの。

レッスン1回で仕上がっちゃう簡単なもの~。

でも、色の組み合わせを考えたり、配置を考えたり
PB270282 (500x375)
悪戦苦闘!?楽しみながら作られました

生徒Hさんの作品
バックを装飾しなかった分、絵柄がハッキリ。
PB270286 (500x375)

生徒Yさんの作品
扇子が舞って、にぎやかで本当に楽しそう。
PC100346 (500x375)

生徒Kさんの作品
凛とした気品ただよう作品。
PC100347 (500x375)

さて十人十色2013お正月飾りは、まだまだあります。
続きは次回。

メリークリスマス

神さまサービスし過ぎたっぷり降ってテンコ盛りのホワイトクリスマスでした

またまたディンプルアートです
さてさて我が家のクリスマスディナーのために準備です~。
PC180361 (375x500)
アクリル板の上に、縁取りようの黒絵の具で輪郭を描きます。

PC200365 (375x500)
クリスマスカラーを意識しつつ、カラフルに色づけ。
そしてカット。

PC240377 (500x375)
串を付けて、こんな風に使いましたー
アート&クラフトを日々の生活に取り入れられると、楽しいですよね

ちなみに
お皿の上の、プチトマトのスノーマンは
ヒルナンデスで2代目レシピの女王の方(すみませんお名前までは覚えてません)が番組でクリスマスレシピを紹介していた時の、添えものとして出て来た子
一目見て「かわいい」と心うばわれ。
早速作ってみました
作り方はとっても簡単なの

ディンプルアートと申します

シャドーボックス教室の作品紹介ではありませんが面白いものがあるのでご紹介したいと思います。

最近゛ディンプルアート゛にはまっているんです

ディンプルアートってなじみがないですよね!?
ディンプルアートとは、栃木県の宇都宮大学工学部でフロントガラスのリサイクルに向けた研究を進めガラスの樹脂をエタノールに入れてかき混ぜることで分離することに成功。分離した樹脂を溶液に着色しガラスに塗ったところ透明性があり凸凹が出る特長がありそれを絵具に商品化。
それがディンプルアート。
ようするにガラスやつるつるした所に描くと゛さざなみ゛(ディンプルとはさざなみだそうですよ)のような模様のできるアート。

これが面白いんです

さあ、絵が具が届き、初挑戦した時をレポートします!!

こちらが絵の具~
PC180353 (375x500)

適当ですけど、なにか楽しい下絵を描いてみました。
透明なアクリル板やガラスに書く場合は下書きを下に置き、下書きをなぞることができて失敗ナシです
PC180350 (375x500)

なぞり終えました。
なぞるのは黒の縁取りようの絵の具を使います。
PC180351 (500x375)
縁取りようの絵の具が乾くまで、1時間~1日(半日~1日って書いてあったけど、表面だけでも乾けば色絵の具を塗る事が可能な気がします)

色の絵の具で黒淵の中に色を入れたら出来上がり~
PC180355 (375x500)
ディンプルアート初作品です
ステンドガラスみたい!

PC180358 (375x500)
続いてこんなのも描いてみました

PC180360 (375x500)
ほら、絵の具が乾くと゛さざなみ゛のような模様が浮かび上がります

チューリップの花束

以前作った作品を紹介します。
チューリップって丸くて咲いていても蕾のようで可愛いですよね。

PICT0108 (375x500)
こちらのプリントはピンクと黄色のチューリップが描かれていますが、淡い色合いが優しくて好きです。
カスミソウの部分がシャドーボックス泣かせではありますが
大丈夫
この作品では、カスミソウの部分はパーツを沢山重ねて表現するのではなく
造花のを上手く使うことによって、小さなお花のボリュームを出しています。

tyu-ri.jpg
この作品はお嫁に行ってしまって私の所にはありません。

今どこかのお宅の壁に掛けられているのでしょうか。。。
それとも春になって飾ってもらうのを棚のなかで待っているのでしょうか。。。
久々に写真を見て、この子が幸せにしてくれているといいなぁ。なんて思いをはせました。。。

ありがとう

先日レッスンで作品を作りながらお喋りをしていました。
同じ趣味の仲間が集まると手が止まり、お喋りに夢中になってしまうことも時にはありますよね

その時に嬉しい事を言っていただきましたので、書きたいと思います。

ある生徒さんがご家庭でも私の事をご家族とお話になるとおっしゃいました。
私は生徒さんのご家族の方とはお会いしたことがありません。
でもそのご家族は、私の事を親しみをもって下の名前で゛チエちゃん゛と呼んでくださるそうで

嬉しかったですね。

その他の生徒さん方からも、本当に良くしていただいていて、講師として幸せ者だと自負しています

私は作品を売り込むのもヘタで
自分を売り込むこともヘタで
教室を売り込むこともヘタで

正直者なんですよ~(笑)バカ正直なので大きくも小さくも言いたくなくて、困ったものです

頑張って人を誘ってみようと思った時期もありましたが。。。
性分に合わなくて。。。
一人、二人、誘った時点で疲れ果てましたね

頭が単純回路なので、心で思っていない事を口に出すのは体力が消耗するみたいで、たとえシャドーボックスのためでもアッサリやめました。
他の方法で努力して頑張りたいと思っています

「もしよかったら、またシャドーボックスを作ってみてね。」
くらいの弱弱しい勧誘で(笑)゛アエリーのシャドーボックス工房゛の門を叩いてくださった、生徒さん方。
そして続けてくださっている生徒さん方。
本当にありがとうございます。

ルーの野菜畑

今年の私の全レッスンは、昨日のリンゴの湯教室でラストでした。
みな様ありがとうございました。
「早々仕事が終わったー!!
なんてハシャいじゃいませんよ。(ちょっとはしゃぎましたが)
やりたい事やらねばならない事、まだいろいろありまして・・・大掃除をしながら30日までは忙しなく動きたいと思います

リンゴの湯教室の様子で~す↓
PB200265 (500x375)

そして今日ご紹介したいのは、生徒Hさんの作品。
↓ほぼ出来上がりましたが下の画はまだ途中のものですね。
PB200266 (500x375)

はい完成ですー
PC180363 (375x500)
゛フォックスウッドものがたり゛の゛うさぎのルー゛ですね。
野菜畑でニンジンをかじっている姿はとっても可愛いです

素朴な木の額に入れた事。
印象的な緑のマットで作品全体を引き締めた事。
どちらもとってもステキな選択だったと思います。
それにより物語の雰囲気があふれ出す作品に仕上がりましたね。
PC180364 (375x500)
この作品Hさんの工夫が沢山です。
あ、Hさんと旦那様の工夫ですか
旦那様が作品のよきアドバイザーだなんて羨ましいです。

1.テキストには書かれていない葉などもカットして葉の数を増しています。
  それにより、より立体的になりますね。

2.この絵には絵の周りに淵が描かれています。
  淵を絵よりも高く配置してより、印象的な作品にしています。
  そこでも、テキストにはカットと記されていなかった、動物達をカット配置しています。

3.私が一番感動したのは(作品に愛情が感じられます~
  右下の緑のマットの部分に書かれた、英文です。
  これは本来この絵にはなかったものです。
  Hさんと旦那様で、物語の文をPCで制作したんだそうです。
  文字の色も茶色とやわらかで、紙も靄がかかったようなまだら模様が古紙を思わせ風合いが出ています。
  これで作品の物語が広がりをもち、オリジナルティがグンと上がりますね。

モデラーダコ

昔は右手の人差し指に゛ペンダコ゛ってありましたよね。
いまやペンを握ることはスッカリなくなり、きれいになったと思っていたのに。。。

これは↓シャドーボックスの丸みをつける際に使う道具。
モデラーを握っている私の右手。
PC140348 (500x375)
紙を相手にけっこうな力で形を作っている毎日。
そのおかげで沢山の作品に囲まれるようになりましたが。。。

指にも変化が!

↓右手の中指に゛モデラーダコ゛が出現!
PC140351 (500x375)
3年ほど前からでしょうか。
直径6ミリほどのタコ。

↓左手の中指と比べるとこんな感じ。
(手荒れは見ないで~冬だから仕方がないの~
PC140350 (500x375)
う~ん。イマイチわかりずらいですね~。
しっかり分かるくらいにポコッと硬くなっているのに。
写真じゃ伝わらないのが残念
今度、私に会ったら是非実物を見て~

PC140349 (375x500)
おまけの゛愛猫゛

さくらいしもんさん

゛作家さくらいしもん゛さんのイラストで作ったシャドーボックスです。
彼の絵は、ふんわりと優しく楽しい気持になります。
さくらいさんはご自分の絵で、私がシャドーボックスを作る事を快く承諾してくださっています。
シャドーボックス作家は 作家さんの絵があって初めてシャドーボックスを作る事ができます。
ステキな絵でシャドーボックスを作れる事は幸せな事です。
良い絵との出会い、そして作家さんとの出会いで、シャドーボックスが作れるのだと感謝しています。

PICT0087 (500x375)

一段落と新たな挑戦

1年を通してやってきたシャドーボックス教室ですが、12月に入り。

今年はクリスマス作品を作っていらっしゃる生徒さんが沢山いまして・・・
その方たちがバタバタと作品を仕上げました。

それからお正月飾りも、ここに来て皆さん仕上がりました。

年内のレッスンは自宅教室もリンゴの湯教室もアップルミュージアム教室ものこすは後1回。
1回ありますが、一段落ついてホッとしています

クリスマスのシャドーボックスを作りたい!
お正月飾りをシャドーボックスで作りたい!
と生徒さん方から要望が上がり
「クリスマスのものを作るならお正月飾りは無理だよ~」と渋る私を
生徒さんたちで引っ張ってきてくださいました。
クリスマスのシャドーボックスもお正月のデコパージュも両方作った方も沢山いらっしゃいます。
楽しく!そして意欲的に取り組んでくださり、とっても嬉いです

そして本日のレッスンで一人の生徒さんが前々から作ってみたかったという
樹脂の作品に来年初挑戦することにするとおっしゃって
プリントやプラークを注文されて帰りました。

張り切って注文品をそろえなきゃー

一人ひとりの新たなシャドーボックスに向かって!
来年も楽しみです

樹脂の作品

春に作った作品です。

ダイノカットのプリントを使っています。
同じ絵柄のプリントを対になるように配置しました。
P5170056 (375x500)
P5170054 (375x500)
作品に樹脂をかけると、ツルツルぴかぴかしていてステキです。

クリスマスの贈り物

フォックスウッドのクリスマスのプリント。
生徒Yさんの作品です。
PC030303 (500x375)
サイズは小さくて手軽にはじめられそうな感じですが
実はパーツが細かい上に、奥行きのとり方が難しい作品です。

Yさんは細かいパーツを丁寧に付けていらっしゃいました。
ツリーには、もともとの絵柄にある飾りの他に、シールを足して賑やかにしましたヨ。
最後にキラキラパウダーで粉雪も降らせました。
ステキな仕上がりになりました。

PC030305 (500x375)
さて、先ほど奥行きの取り方が難しいと申しましたが。。。
横から見ると、こんな感じに床を斜めにして奥行きを表現しています。

普段額の深みを十分に使ってシャドーボックスを作ることをおススメしていますが
こちらの作品は絵柄をすき放題高くしてしまいますと床から足が浮き上がってしまいます。
なぜかと申しますと、絵柄の半分の位置、床の半分の位置に登場人物たちがいます。
ですから額の半分までの位置で、すべてのパーツを使いきらないとならないのです。

まあ、これも好みの問題ですので、床から人物の足が浮いていても、それでかまわないのなら、かまわないと思います。
ですが床に足がついている方が自然ですし。
私は好きです。

PC030306 (500x375)
床の下はこんな風になっています。
ボンドを節約するためにスチロールで補強しています。

同じプリント

今日は偶然同じプリントで、自宅教室とリンゴの湯教室でそれぞれ制作したミュシャの作品をご紹介します。

Aさんの作品↓
PB290293 (375x500)

Hさんの作品↓
PB060227 (500x375)

ミュシャのこのフレームのプリントは他の女性のものもありますが。
偶然にもこの2人の女性のプリントを選び右左の配置も一緒という作品になりました。

こんな風に並べて紹介すると
「やだー!やめてー!」
とAさんとHさんの悲鳴が聞こえてきそうですが

でもどちらも、とってもステキだから!並べてもどちらも引けをとらず大丈夫です

不思議なのはまったく同じプリントなのに、ぜんぜん別の雰囲気を持ち。
別々の作品になっていること。

これだからシャドーボックスは奥が深く楽しいです

フラワーフェアリーシリーズ

生徒Uさんの作品です。

人気のフラワーフェアリーシリーズのミニサイズプリントで作りました。
手のひらサイズの小さな妖精は、どれもすごく可愛らしい
沢山作って一つの大きな額におさめました。
PC020300 (500x375)
台紙を統一せずに、それぞれ違った柄や色をとりいれたところが、とても個性的
一つ一つどんな柄や色を組み合わせようか考えるのって楽しいですよね。
妖精たちの賑やかな話し声が聞こえてきそうです。
カラフルで楽しげな作品にしあげました。

こちらもUさんの作品。
お家で作られたのを見せてもらいました。
クリスマスオーナメントです。
PC020296 (500x375)
キラキラしていてとってもステキ。
プリントの下に粘土をいれて凹凸を表現する技法のデコパージュです。
プリント一枚で簡単に作れるのでおススメ
レッスンで習ったことを、すかさず取り入れてオリジナルを作ってしまうところがスゴイです

アメリカンカントリーの棚

新たに作品が完成しました~!

まずは
前回制作過程をご紹介しました。
りんごの籠は。。。
PB200262 (500x375)

このように設置されました~♪
PC030302 (500x375)
下の絵柄とずれることもなく、細い取っ手もピンと張りがあり、バッチリです。

全体的にはこんな感じになりました。
PC050319 (375x500)
シンプルな白の木の額に入れました。
バックも白地で。マットも入れず本当にシンプルです。
アメリカンカントリーな棚に思えたので、雰囲気を出すために、バックの上と下にレースと小さな花柄のマスキングテープで飾りました。

PC050321 (375x500)
少しズーム。。。
キッチンに飾ったらステキかも~

ワイヤーでキープする

今日はちょっとした裏技をご紹介します。

シャドーボックスはパーツの下にシリコンボンドで接着&空間を作り立体化していきます。
ですので、パーツが大きいものには沢山のボンドを置くことができます。
(ボンドは見えないように、はみ出ないように置きます)
たくさんのボンドを置けるという事は、高さもでるということ。

ただそうなると、パーツの細いものには、ボンドを沢山置くことができず、高さも出すことが出来ないという事になります。

そんな時におススメなのが
細いパーツの裏にワイヤーを貼る方法。
PB200260 (500x375)
私はフラワーアレンジメント用のワイヤーを使っています。
太さの種類が豊富で重宝しております。

つけ方はいたって簡単。
適当な長さのワイヤーを、パーツの形に合わせます。
きれいな形が出来上がったら、ボンドで接着。
PB200261 (500x375)
ボンドはなんでもかまわないと思いますが、私は↑のボンドがお気に入りです。
手芸屋さんで売られています。
先が細くて塗りやすいです。

ボンドが乾くのを待ちます。
PB200262 (500x375)
正面から見るとこんな感じで、完成です。

そうそう、パーツの形を作ってから(丸みを付けてから)ワイヤーを付けてくださいネ。

さて籠の取っ手のにワイヤーが付き。
準備万端です。
他のパーツ同様にシリコンボンドで額に接着していきます。

ワイヤーが付いた取っ手の部分はシリコンボンドを置かなくともOK!
ノーシリコンでもシッカリとした高さを保つことができます。

ちなみにワイヤーを入れずとも、シリコンボンドを置かなくとも、
大きなパーツの部分のみのシリコンボンドで接着したとしても高さは出ます。
しかし、残念ながら持続しません。
完成したシャドーボックスを飾っていると
部屋の湿度や温度などにより、シリコンボンドもワイヤーも入っていないパーツは屈折してきてしまうのです。
いつまでも完成時のきれいなままで残したい
手間を惜しまず、心を込めて

アルフォンス・ミュシャ

ミュシャの作品はステキですね。
シャドーボックスの絵柄としても人気です。

チェコの画家さんですが、どこか和モダンな感じもいたします。
私達日本人がどこか安心できるのは、そのためでしょうか?

生徒Aさんの作品です。
PB290289 (375x500)
二つのシャドーボックスを一つの額におさめました。
バック(台紙)には和の花柄をチョイス。
色はゴールドと大胆ですが、ミュシャの女性画の背景にピッタリです。

PB290291 (375x500)
マットのない額は壁が目立ちます。
それならば と
壁にもバックに使ったゴールドの花柄を貼り付けていきます。

PB290292 (375x500)
きれいに壁が花柄になりました。
額も和のもの。
色はゴールド。
でもこの金色の額は華美な感じがなく良い感じです。

PB290293 (375x500)
全体はこんな風に仕上がりました。
和とのコラボミュシャ画です
ステキ!
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR