黄色の蝶

ずいぶん前に作ったオリジナルの作品です。
マットを工夫しました。
切絵みたいで良いでしょう!?

黄色のアゲハ蝶3 (500x375)

マットを工夫しましたと言っていますが、じつはこれマットではありません。
マットは付けずに、黄色の厚紙を蝶の形に切りました。
3枚重ねてあります。
一番上が淡いクリーム色の蝶の外郭。
二番目が黄色。
三番目がオレンジ色の蝶の羽の模様。
中のシャドーボックスが見えるように。。。
かといって紙がヘタってしまわないように、切り過ぎず。。。
微妙なバランスを保っております。

黄色のアゲハ蝶7 (375x500)

中のマーガレットは写真をシャドーボックスにしたもの。
PCで写真のマーガレットに蝶を描いて付け足しました。

全体的にシンプルだけれども、黄色のハッキリした色づかいが気に入ってます。
スポンサーサイト

みんなでわらう

私の描いたイラストをシャドーボックスにした完全オリジナルの作品です。

P7110125 (375x500)

タイトルは゛みんなでわらう゛

P9070118 (500x375)
P9070119 (500x375)
P9070122 (500x375)

人も動物も地球全体が自然な形でいられるといいよね。
みんなで笑えたらいいよね。

敬老の日

生徒Hさんの作品です。
敬老の日に旦那様のお母様へプレゼントされるという事で、心をこめて作っていました。

初挑戦の樹脂作品です。
プラークは目に鮮やかな黄色に淵を深い緑で塗りました。
P7250138 (375x500)
P9050108 (375x500)
樹脂作品なので高さは控えていますが、良い立体感です。
子犬の目が可愛く表現できました。
樹脂はまだ掛けていませんが、仕上がったら光沢が出てステキでしょうね~

ウェルカムボード

私ごとですが♪弟が結婚します~
可愛いお嫁さんは、明るくってとっても感じの良い子~

姉としてシャドーボックスアーティストとして!ここは世界に一つのオリジナルウェルカムボードを贈ろ~
と、いう事で。結婚式のウェルカムボードをシャドーボックスで

デザインは弟がしました。
映画好きの二人は、バックトゥザフューチャー風♪

welcom.jpg
welcom2.jpg

バックトゥザフューチャーは私も大好きな映画だけど
車にあまり興味のない私は、デロリアン(車)に大苦戦
シャドーボックスも、自分が好きで細部まで記憶にあるものを立体化するのと
そうでない題材のものを立体化するのとでは、ぜんぜん違います。
ネットでデロリアンを検索して、いろいろな角度から眺めながら何とか作りました~。

一週間前に2人に渡してきました。
とっても喜んでくれて、私も幸せ
結婚式当日が楽しみなお姉さんです

UVアクセサリー

リンゴの湯の教室でも紫外線で固まる樹脂を使った゛UVアクセサリー作り゛をしました。
生徒さんの手作りアクセサリーです。
120904_1203~01
120904_1204~01
120904_1205~01
写真が上手く撮れなくてごめんなさい。
3つづつ撮ったのですが、光沢があるので、光ったり影ができたりと
3つすべての柄が分かるように撮るのは難しかったです~。

横から見るとプックリと盛り上がっていてキレイなんですよ。
バックハンガーやペンダントトップなどアクセサリー台を決めたら
お好きな色や布や紙、シールやビーズなどで飾り付けます。
好みは人それぞれ♪悩んで楽しんで、ここが楽しいんですよね♪
それぞれ個性的でステキなアクセサリーの出来上がりです!

初作品

いいづなアップルミュージアムは日曜日の教室なので子供の生徒さんも来てくれます

前回の教室には初めて受講してくれた子が2名。
生徒さんのお子様たち。お姉ちゃんと妹さんの姉妹です。
ちょっぴり照れ屋な二人は、初めは小さな声で遠慮がちに話をしてくれましたが。
レッスンが終わる頃には、ニコニコ顔で賑やかにシャドーボックスを楽しんでいました♪

120902_1447~01
制作風景で~す。

120902_1456~01
妹ちゃんの作品。

120902_1504~01
お姉ちゃんの作品。

仲良し姉妹で、二人とも息がピッタリ!好みもピッタリ!
2人ともお花が好きで、リボンが好きで、緑色の額に入れました
とっても上手に出来ました~

二人は、もっと作りたいとお家で作る分のプリントと額まで購入していってくれました。
その気持ちが、すっごく嬉しいです。

お家で仕上がった作品を見せてくれるのが楽しみです。

バラとスミレとデイジー

秋の虫の声が聞こえます。
空には秋の雲が。
朝晩は涼しい風が吹いてきて、寝やすくなりました。

まだまだ暑さが続くと天気予報は言っていますが・・・
秋の気配が。

秋になったから、どうと言う訳ではありませんが、ほんの少し変化を感じると嬉しくなります



さてタイトルの゛バラとスミレとデイジー゛ですが
前回の私の作品と同じ物です。

こちらは生徒Aさんの作品です。
120824_1137~01

プリントはまったく同じ物ですが、雰囲気が大分違いますよね。
Aさんの作品ではバックをもとのものから黒の水玉に変えております。
水彩画のみずみずしさは少なくなりますが、絵柄がハッキリとして際立ちます。

どちらが良いというわけではありません。好みですよね

ただ背景一つかえるだけで、ガラリと変わるんです。
好みのプリントを選び、合う額を選び。
時には、制作の前に背景を考え、さらに自分好みの作品に。
世界に一つのオリジナルの作品に作り上げてみてはどうでしょう。

バラとスミレとデイジー

3~4年くらい前に作った作品です。

バラとスミレとデイジー2 (500x375)
バラとスミレとデイジー5 (500x375)

林真理さんの水彩画のプリントです。
お気に入り
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR