ぬいぐるみのクマさん

前回完成の写真を載せた゛くまのぬいぐるみのシャドーボックス゛ですが、この作品にはいろいろなオリジナルを加えましたので♪そのつづきです♪
P3270147 (640x480)

まず、普段は絵柄とピッタリのサイズの額を使いますが、今回はあえて大き目の額を使いました。
額が大きいと絵柄の端がマットより内側にきてしまいますので、額の底が見えてしまいます。
でも今回は額の底にピンクのバラの絵柄をデコパージュしました。
もともとの絵柄ブルーのバックにもバラが描かれていますので、合わせました↓
P3270146 (640x480)

そしてもう一つ。
マットや作品の中に、異種素材であるゴールドのチャームや可愛いボタンをちりばめました。
写真では分かりにくいですが、作品の左上、糸巻きの下には、可愛い白いクマのボタンがあったので付けました♪↓
P3270144 (640x480)

紙でない素材の物も、絵柄の雰囲気に合わせて加えてみると、作品がもっともっと楽しくなります。
スポンサーサイト

くまのぬいぐるみ

私は普段、下から順にパーツを貼っていきます。
この方法だと、沢山のパーツが重なっている時に高さを考えながら貼ることが出来ます。
それと、一度に絵柄全体の数個のパーツを貼っていくので、その上にくるパーツを貼るまでの間時間がかかります。そのため、始めに置いたパーツのシリコンボンドが固まり、上にパーツを重ねる際に安定しやすくなります。
また、一度に絵柄全体の数個のパーツを貼っていくので、シャドーボックスとしての絵柄のバランスがとりやすく思います。
ただ一度に絵柄全体の数個のパーツを扱っているので、頭の中がごちゃごちゃするという難点もあります。


今回は少し方法を変えて、パーツごと別々に完成させておいてから、最後に土台に貼ることにしました。
この方法だとパーツごと完成させていくので、一つのパーツに集中することができます。
パーツごと作るとこんな感じです↓

P3260141 (400x300)

パーツを完成させてから、最後に合体させるとこんな感じ↓

P3270147 (640x480)

こちらの方が作りやすい、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
つづく。

春休みのシャドーボックス教室2

春休みなのに朝に雪が舞いました。
もう。いらないのに。一刻も早く春を感じたいです。

さて今日はお馴染みHちゃんと、Hちゃんの妹のMちゃんの作品をご紹介。
色白美人姉妹ですよ♪とーっても可愛い

さてさてHちゃんには今回もモデラーをしっかりとあててもらいました。
↓Hちゃんの作品
P3250134 (400x300)
「パシャッ!」写真を撮っているミッキーです。
被写体に鳥のシールを貼ったのは彼女のアイディア♪
そして!!わかりますよね!
すごくキレイに丸まっています!
作品にツヤがでるもの、モデラーを上手にかけたからこそ。
細かい所までモデラーをシッカリとかけたので、疲れたと思います。
でも大人顔負けの作品に感激です。

お次は、今回初シャドーボックスのMちゃん。
カットのいらないキットで体験してもらいました。
↓Mちゃんの作品
P3250136 (400x300)
シリコンボンドの置き方が上手で、一度もボンドをはみ出すことなく仕上げる事ができました。
どこから見てもボンドが見えない、見事な仕上がりです!
春らしいポップなドット柄で、可愛い作品となりました。

二人ともシャドーボックスを楽しんでくれてようで、嬉しいです。
好きじゃないと出来ない作業です。
でもカットから始めてシリコンボンドで貼り重ねて立体感を出していくのは楽しいですよね。
わくわくしながら作品を作るのは人生において良い事だと思います。
ステキな作品を是非大切にしてください。


゛おまけ゛と言っては失礼ですが(笑)
↓こちらは、先に完成したMちゃんとお母さんの作品。石鹸のデコパージュです♪
P3250137 (400x300)

春休みのシャドーボックス教室

レッスンは年中おこなっています。
でも春休みなどの長期休みに入ると、平均年齢がグ~~ンと低くなります(笑)
今日ご紹介させていただくのは、小学生の生徒さんの作品です。
一人はベテランHちゃん♪
彼女が保育園へ通っていた頃からの生徒さんです。
今回Hちゃんには大人の方同様のモデラーの使い方を伝授してみました。

120319_1111~01

できるかな~と 思いながら・・・
Hちゃんバッチリ出来ました!
まだシワがついてしまう箇所がありますが、大人の方でも繰り返しモデラーを使っていくうちに上手くなるものです。
最初としては上々!

120319_1150~01

そして完成~♪
モデラーの使い方が変わって、前回の作品よりレベルアップしましたー!
これからが楽しみです。



もう一人は初めてのR君♪
初めてのレッスン。初めてのシャドーボックス。
少し緊張していたようですが、楽しく作ってくれました♪

120319_1104~01

私のオリジナルの絵柄を選んで作ってくれました。
立体感をだして貼り付けられています。

120319_1129~01

完成ー!
作業中は緊張&真剣で、私の無駄話も軽くあしらわれ(笑)、作業に没頭していましたが
最後にはイイ笑顔が出ましたー♪

こいのぼり

生徒Tさんの作業過程です。

120316_1150~01 (240x320)

ここでも先日書いたエンボス加工を使用。
コイノボリの鱗がパーツを重ねて立体感を出しているわけではないのに、立体的になっているのが判りますか?
Tさんには初めてエンボス加工を伝授したのですが、とおおおっても上手でした(私より(笑))
とってもハッキリと鱗が浮き上がっていて良いです。

120316_1210~01 (320x240)

さあ、これで額に入れて完成です~!

エンボス加工

P3190129 (300x400)
いきなり登場した、このプリントが何かは、置いといて(今製作中です!完成したら公開します)

今日はエンボス加工のご紹介です。
エンボス加工とは?

写真は一枚の紙です(カットされている所は気にしないで下さい)
でも・・・背景のバラの絵柄が少し浮き出しているのがわかりますが!?

ほんのチョッとですけど、質感が変わります。
これは裏から普段とは違うやりかたでモデラーを当てています。

この方法、パーツを乗せるほど存在感が必要ない所 とか パーツがどこからもカットできなかった場合に有効です。
今回はカットしたパーツを乗せるほど存在感が必要ない けれど ほんの少し質感が欲しい ので こちらの方法をとりました。

子供用(初心者用)男の子のキット作り

以前より感じていた事があって。。。
シャドーボックスって男の子はあまりやらないのでしょうか?
まあ、男性の愛好家は女性にくらべかなり数が少ないです。

けれども、私の教室に限ると私の息子がやりたがるという事もあって、息子のお友達や近所の子達など子供に限ると男女比は5:5。
そうなると必然的に必要になってくるのは、男の子が魅力に感じる素材(絵柄)。
でも、女の子が好みそうな絵柄なら初心者用からはじまって上級者用まで、たくさん揃うのに。
男の子の好みそうな絵柄になると、初心者用のしかも、低学年が出来るようなハサミでもカットできる素材はゼロ。
探してもないのです。

それでも「ぼくもシャドーボックスやりたい。」と目を輝かせてやってくる男の子達にモノ作りを楽しんでもらいたいと思うのです。


そんな思いで。。。初心者用キット 自分で作ってみました!
息子が小さい頃していた事を思い出して
おもちゃの車を積みあげたイラストです。

P3140103 (400x300) (400x300)

工夫が幾つかあります。
・番号順にカット→のりで貼り付け していくと出来上がり。
・切り取るイラストのみ掲載しているのでカットがわかりやすい。
・ハサミでカットできる直線や大きな曲線の集合体。
・手で持てるサイズのパーツ。
・絵柄の周を太線にしてあるので、おぼつかないカットでも粗が目立たない。

P3140104 (400x300) (400x300)

さあ!実際にカットしてみましょう!
普段私はデザインナイフでカットしていきますが、今回は家庭用のハサミで実験です。

P3140105 (400x300) (400x300)

カット終了。
初心者の子が余裕をもって2時間で完成までもっていけるパーツ数です。

P3190130 (300x400)

完成品です。

お花の小額シャドーボックス

アエリーのシャドーボックス工房
゛飛び出す額絵展゛シャドーボックス

4月3日~21日 いいづなアップルミュージアム

展示会の期間中゛体験教室開催いたしまーす!!゛
4月14(土)・15(日)
AM10:00~12:00まで
場所は展示会をしている いいづなアップルミュージアムです。

以下はその時に作る作品です。
前回のブログに載せた3点と今日掲載の3点。計6点のなかから1つ作っていただきます。
卓上 兼 壁掛けの 小さいなかわいらしいシャドーボックスです。
春に飾るにはピッタリの絵です。
是非、お友達やご家族でご参加ください。
定員は1日10名です。

P3090052 (400x300)
P3090056 (400x300)
P3090053 (300x400)

お花の小額シャドーボックス

P3090054 (400x300)

前回「いいづなアップルミュージアム」での展示会のお知らせをさせていただいきました。
その展示会の会場で期間中の14日(土)と15日(日)の2日間。
初心者向けの「シャドーボックスの体験教室」をおこなうこととなりました。
そちらは詳しくは後ほど。。。

今回の写真は、体験教室で当日作るシャドーボックスのうちの3作品の見本です。
じつは先週、体験教室の宣伝を広報に載せていただけると聞いて、写真用に急いで見本を作りました。
春はお花が家の中にもあると嬉しいですよね~。
簡単に作れますので、どうぞお越しください。

展示会のお知らせ

アエリーのシャドーボックス工房シャドーボックス展
゛「飛び出す額絵」シャドーボックス!゛

期間/4月2日(火)~4月21日(土)
場所/いいづなアップルミュージアム
   〒389-1204 上水内郡飯綱町大字倉井5
ホームページ/http://www.town.iizuna.nagano.jp/14/111/124/203/1046/index.html
休館日/毎週月曜日
開館時間/9時~16時30分
入場料/無料

橋を渡って町を見下ろす丘の上。
気持ちのよい場所にあるミュージアムでのシャドーボックス展です。
すぐ近くにサンクゼールの丘があり。http://www.stcousair.co.jp/index.html
シャドーボックスを観たあと、美味しいお食事なんて楽しみ方はいかかですか。

今回は多くのシャドーボックスを、多くの人に見ていただきたいと思いますので、テーマは決めません。
会場は嬉しい事にとても広く、季節やジャンルをとわず、たくさんのシャドーボックスを展示いたしますので是非起こしください。



また、4月14日(土)・15日(日)の二日間に会場でシャドーボックスの体験イベントをおこないます♪
2時間で、春にピッタリ!シャドーボックスのお花を作りたいと思います。
興味のあるかたは、コチラも是非どうぞ!
アップルミュージアムにご連絡ください。

マットのアレンジ

生徒Yさんの作品です。

石の階段や石の壁にも丁寧にパーツを重ねて、重厚感のある作品となりました。
空間の取り方にも気を配り、奥行きのある仕上がりになったと思います。

ただ、写真では分かり難いかと思いますが、金の入った豪華な額と対照的な白のマット。
マットの白の面積が多いので、作品よりそちらに目がいきやすく思いました。
中の絵と調和がとれるように、白の面積を少し減らしてみたら と提案させてもらいました。

matto.png

マットが気に入らない場合、いくつか方法はありますが、
今回はデコパージュで対処したいと思います。

Yさんが選んだのは、落ち着いた色合いの細かなお花の柄。
マットに貼っていき、余分なところはノリが乾いてから切り落とします。

120306_1103~01

完成です~!

120306_1136~01

どうですか?
好みでしょうが、絵柄と額に一体感がでたと思います。

さくら咲く

生徒Aさんの作品が完成しました。
額いっぱいの桜の花。
咲き誇った花と、バックの青が晴れ晴れとした気持ちにしてくれますね。

120303_1131~01
120303_1132~01

途中まで自宅で作って、仕上げをレッスンでおこないました。
私が右下の葉を、ちょっと直したのですが。
その後ご自分で左下の葉も、右下の葉を見本に直されていました。
作品への思いが嬉しいです。
葉を二枚ちょっと角度を変えただけでも、作品の雰囲気がガラリと変わります。
動植物は生き生きとしたシャドーボックスを目指しましょう!

旅立ちの季節です

初めてレッスンに来てくださった、Hちゃん。
彼女は春から1年生。
お世話になった保育園の先生へ、感謝の気持ちを込めて手作りのシャドーボックスをプレゼントするそうです。
教える私も気持ちが入ります!

Hちゃんにとって初めて作るシャドーボックスでしたが、とても手先が器用で♪
私の教えた事を最後まで崩さず行なってくれる子でした♪
作品にもそんなHちゃんの素直な気持ちが反映されているような、静かだけど優しさを感じる丁寧な作品になりました♪

120303_1122~01 (2)

絵柄や額、バックの色や装飾はすべてHちゃんのチョイスです。
ステキに仕上がりました!!
先生きっと喜んでくれますね!


春休みにも来てくれるそうです。
可愛い生徒さんに会えるのを私も楽しみにしています♪

写真をシャドーボックスで楽しむ

PICT0059のコピー

風景写真です~♪
私は青空ってとっても好きです。
見ているだけで気持ちが晴れます。

こんな場所でのんびりしてみたいです。


写真をシャドーボックスにしたものですが、ちょっと工夫したのは
正規のマットを使わずに、風景写真をそのままマット風にカットして、マットとして使用しました。
広がりが感じられて気に入ってます。
プロフィール

aerino1

Author:aerino1
アエリーのシャドーボックス工房の作品紹介へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR